防衛庁 航空機における操縦士の脱出

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-05-15 (月) 16:31:59
  • 段階、参照:

趣旨

 Jet(ジェット)機の他で、脱出が可能な航空機が、意外に少ないのかと想われ、相応の墜落による事故の犠牲者が、絶えない。

留意
 空を飛んでいる物は、墜落する事が有り、それに伴う墜落の訓練が必要なのかと想われる。
Helicopter(ヘリコプター)の事例
 単純に出力が止まっただけならば、相応の対処(運転の技能)で、不時着が可能であり、「一般でも教育者資格を得る時の訓練に含まれている」との認識が有る。

 よって、相応の対策を求める。

補足
 ここ数年、『天候的に好まれない状態で、飛行を行わせて、事故に至っている』と判断する事件が生じている。

他の参考

ARMA3

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:44 (780d)