自警 不正(違憲、不法)な侵入(Windowsの脆弱性)

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-05-16 (火) 11:17:00
  • 段階、参照:

趣旨

 平成29年04月24日頃から、『(甲)漢字の変換、(乙)作業の内容が変更(記録が改ざん)され、(丙)OS、SOFTの設定も変更される』との事件が発生。

補足
 以前から『漢字の変換』に付いては、設定と異なるので不信感を抱いていた。
OSの調査
 世界的規模で発生するに至った事件*1の内容とは、仕組み(性質)が異なっていると判断。遠隔的操作で用いられる多くのSoftが導入されており、それらが Security Softの検索でも見付かっておらず、Internetを介する導入と異なり、PCへ直接に導入をされた可能性を疑うに至る。

 違憲、不法行為者側の動向を観察する関係から、一般人でも行えるであろう範囲での防御で、敵の動向を観察する。(実は、常に以前から行っているが、その内容を公にする事を意味する)

 なお、本件の理由から継続的に、『Microsoft社性のOSを、公共の機関で導入を行わない』ように求める。

留意
 既に、『(A)Linuxの分野でも資格性の導入や、(B)商業性の意識を強めているUbuntu等も有る』ので、その選択肢を極める必要が有る。
Linuxの分野でも資格性が導入されている件
 資格運営者による営利組織性が有り、資格を得るのには、有料で更新性(依存性)も求められる。また、その法人的性格が、西洋的思想で用いられる戦略に類似するのであり、本邦だと弁護士会など、Guild(ギルド)の形式と成る。なお、それが『悪い』とまで想えない。

違憲、不法行為者側の動向を観察 - 経過

経過

留意点

NetworkがWashington D.Cを経由される件と経過

 実は、本節の表題だけを実験的に平成29年06月08日13時26分31秒に公開を行ったが、 同日の15:00頃には、NetworkがWashington D.C経由の通信が消えている事を確認。

 序での実験で、『似非民主主義を非難する意見をInternetを介する形式で、行っていた』が、それらに対する報復の疑いも有る。

  • 平成29(2017)年06月08日
  • 攻撃の内容
    • 日本語入力時の妨害
      • 辞書を基礎とする変換の操作
    • 善人気取り(Hacker気取り:実質的には、ただの犯罪者=精神病質者:Psycopath)
      • OS内の不具合を勝手に修正される
    • Task Barの設定を変更される
      • OSを再起動する毎に、二段階で特定の設定に変更される。
    • 操作の妨害
      • 遠隔の操作が可能に成った事を伝える為に、故意でMouseを操作される。
追記
 平成29(2017)年06月08日17時45分現在、改めて172.217.25.206の接続を確認するに至っているが、なぜかIPの所在地で、White Houseが表示されている事を確認。
感想
 『かたすかし』で御座る。

結論

 Microsoft社性のOSに付いて、その脆弱性を立証する事が行えれば、本件の課題における目的を果たせるので、そろそろ調査を終了する。

 なお、引き続き本邦の行政機関には、Microsoft社性のOSを導入する事は、止めるように求める予定。

  • 平成29(2017)年06月08日

*1 平成29年05月に発生

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:44 (768d)