国 大韓民国人民の入植を規制

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-01-21 (土) 20:13:02
  • 段階、参照:

趣旨

 比較的に、受け入れられ易く、国内での繁殖率も高い。

 また、離婚後の問題(離婚、相続、母国への送金などの紛争:大韓民国に限らない)も生じているのかと想われる。

 更に、二世代目以降での不良化も懸念され、『日本人との結婚よりも、大韓民国の夫婦、家系による移民から、本邦へと帰化を望まない家庭における二世代目以後で、不良化が生じ易い事情(日本国に対する、自然的な反社会主義的人格の形成:社会的科学、経世済民学的には、解っていた事情と想える。

解説
 つまり、本邦側でも、予め想定されていた可能性が有り、そのような人材が居る事によって、「民による、愛国への感心が高まる」と打算されていた疑いが有る』が問題視される。
義務教育過程の分離化
 大韓民国人学校の設置は、『(あ)子供の意識と別で、親が帰化を検討せず、(い)日本人学校で、迫害、軽蔑を受ける事を懸念する』との観点が有るのかと想える。
実質
 卒業後に母国へ帰らず、本邦の民と同等に暮らす状況(実際には、一般の民側の観点でも、過剰な部分で受け入れ難く、在日大韓民国人側の二世代目以降でも、それを自覚する傾向に有るが、どうにも成らないような事情:この移民問題は、本邦に限らず、世界中で生じており、近年の経済学ならば、予めに解っていた悲劇と判断する)にも、政治的工作の背景(厳密に考えれば、極一部の主権者による勝手な政治的思想に基づく、その犠牲者とも想える:戦争の犠牲者と類似する)が問題視される。
子供達の保護
 本邦における憲法の観点では、過剰な排他は、好ましくないが、人の自営本能から生じる意識や、それを煽る政治的な宗教、思想により、犠牲者が出る事は、経済(経世済民)学の観点から求めてないのであって、憲法の前文に習い、主原因を排除(または、無力化)する必要が有る。つまり、在日韓国人であっても、本邦の民と健全な関係(本邦の憲法、並びに法律などを基礎とする人間の関係)が保持されるならば、問題視されず、逆に本邦の民が悪いとされる部分に付いては、憲法、法律に基づき、制される必要が有ると判断するのが、経済学の基礎と成る。
大腸菌の原理と同じ感覚
 人体の医学で言う、『大腸菌の存在』と等しく、それが増え過ぎても、少な過ぎても、体調を悪くする。
大腸菌は、体内で調整されている
 大腸菌にも多種が有り、それらが人体の生理的機能によって制御され、過剰に増減が生じれば、調整される。
  • 平成29(2669;2009)年08月02日

関する、課題


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-26 (月) 20:03:15 (39d)