警察庁 広報室に、速記能力者の採用

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-05-23 (火) 14:27:56
  • 段階、参照:

趣旨

 嘗ての裁判所では、職種に速記官が有ったが、以前に速記官の採用を止めるように求めており、現在だと採用の枠が無くなった。

事前の調査

最高裁判所 事務総局 広報課

(一)
 現在でも、新規の雇用は、行ってません。

(ニ)
 Website上に有る、情報から確認を行えます。

(三)
 (ご意見、ご要望が有りました事を)解りました。

  • 平成29年05月22日

概要

(一)
 以前に、速記官の雇い止めを申し出ているが、現状を教えて欲しい。

(ニ)
 現状において、速記官の雇用における状況を明確にされたい。

(三)
 警察庁の広報課では、一般者からの御意見、ご要望を聞くだけの状態と成る業務が有り、それを速記などの能力が無い者が対処を行っているように想え(確認を行ったが、僕を『錯誤させる』*2ような応対が続いている)、酷に感じられるので、そちら(最高裁判所)で起用されている速記官の存在を警察庁に伝えつつ、「現状の裁判所だと雇い止めの状態に有る(人材の需要が無い状態に有る)が、警察庁の広報課では、『人材的な需要が有る』と想われるのだから、相談をするように」と伝えるので、その旨を、広報課 課長へと伝えられたい。

警察庁 長官官房 総務課 広報室

(一、ニ)
 頂いた御意見は、書き留めさせて頂き、上司へと報告させて頂きます。 

  • 平成29年05月22日

概要

(一)
 先日に伝えた、広報課の有り方に付いての関連で、『速記の能力を有する人材の雇用も検討されたい』と想っており、その件に付いて既に最高裁判所に事情を伝えているので、速記の人材における雇用に関する件で、話し合われたい。

最高裁判所の事情
 以前に、速記官の雇い止めを伝えた事が有り、先程に再確認を行った(平成29年05月23日)時点でも、新規の雇用を行ってない事を確認。
警察庁の事情
 警察庁の広報課では、「一方的に御意見、ご要望を聞き取るだけ」の状態と成る事が多いのかと想われつつ、それを効率よく処理する公務的責任が課せられているが、「警察庁の広報課における人材に、速記の能力が有る者が採用されている」と想えない。

(ニ)
 また、現在(平成29年05月23日)の警視庁では、広報課には、自動的音声で、外線の対処を行う仕組みも有るのかと想われ、それも参考にされたく、『(甲)最高裁判所 総務課 課長(広報室)と、(乙)警察庁 広報課 課長、(丙)警視庁 広報課 課長』とで、広報課の有り方に付いて話し合われたい。

他の参考

  • 対話中に、裁判所のWebsite上で、速記官に関する頁を見付けた。

*1 情報が、時と共に劣化する可能性が有る。
*2 速記の能力が、無い

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:44 (769d)