国 中華人民共和国からの入植を規制

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-01-21 (土) 20:14:44
  • 段階、参照:

趣旨

 比較的に、受け入れられ易く、国内での繁殖率も高い。

 また、離婚後の問題(離婚、相続、母国への送金などの紛争:中共国に限らない)も生じているのかと想われ、過去に『地方の農村地で頻繁に、婚姻が組まれていた事情』も有る。

 更に、二世代目以降での不良化も懸念され、『日本人との結婚よりも、中共国の夫婦、家系による移民から、本邦へと帰化を望まない家庭における二世代目で、不良化が生じ易い事情(日本国に対する、自然的な反社会主義的人格の形成:社会的科学、経世済民学的には、解っていた事情と想える*1)』が問題視される。

  • 平成29(皇紀 2677;2017)年08月02日

台湾

 台湾は、中華人民共和国(中共国)の一部とされるが、自治性が分離されており、実質的に、民衆的な対立も生じているのが実態で、民の質も異なる。

 よって、本課題では、台湾を区別する(含まない)。

 なお、一般外国人の入植を規制する課題では、台湾を含める

関する、課題


*1 つまり、本邦側でも、予め想定されていた可能性が有り、そのような人材が居る事によって、「民が、愛国への感心が高まる」と打算されていた疑いが有る

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:45 (780d)