宮内庁 皇室における挨拶の作法

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-06-09 (金) 09:24:18
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、秋篠宮家 眞子 内親王([[Wikipedia>]]) 殿下による、外国人への挨拶(作法)に、「何と、なく、違和感を、感じて、いた」ので、『公式な礼儀法なのか』を。確認。

確認

宮内庁 総務課 報道室 広報係 - 平成29(皇紀 2677;2017)年06月09日

(一)
 挨拶の作法に、付いて、は、相手方に、失礼の無いように、事前に、外務省と、確認を、行って、おります。

礼儀の作法
 皇室的な固有の挨拶法は、特に、定まって、おりません。

(ニ)
 ご意見、有難う、御座いました。

確認

(一)
 「眞子(内親王)殿下による、挨拶は、個性的に、思える」が、「もともと、皇室における、礼儀の作法には、決まり、等が、有るのか」を、明確に、されたい。

(ニ)
 「皇室における、礼儀(挨拶、等)の事情を、今時代的に、Website、等を、介する、形式で、公開する、事で、本邦の民に、限らず、広く、全世界の人々に、理解を、求める、事が、可能に、成る」と、想われるので、その検討を、行われ、たい。

世情の観察

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年11月05日 現在

 挨拶の名称が、報道を、介する、形式で、明からにと、成って、いる。

+  YouTube

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-05 (木) 00:18:31 (85d)