国際 国連の事務総長

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-01-23 (月) 16:09:49
  • 段階、参照:

趣旨

 次期の国際連合における事務総長に、Indian(印度国の人)を推奨。

理由
 近年における先進国(電子的計算の分野:主に、Programmingの分野)では、印度国の人(民)による活躍が、広く国際的に伝わっているが、実際の印度国は、途上的な状態。そこで、「印度国の民による人類(国際)的規模で文化的進歩に貢献している(人類的)象徴」として、相応しいのかと想える。
風紀や文化
 現状の印度国では、倫理(風紀)が「文化の向上と反比例して、悪化している」のかと、客観的に想える。それらの抑制に付いては、国際的に世界の各国が強力をする事が求められる。

補足

 今回の次に、阿弗利加(あふりか)系の推奨を行いつつ、その地で、Olympic(オリンピック)が開催される事を求める。

理由
 近年のOlympicは、見せ物小屋、または、Circus(サーカス)的であって、各競技の能力が、実生活に何の役に立つのか不明。現状では、『大衆の娯楽』と成っており、それに関連する資本的な収益性も、異常に高い。
体育と競技
 実生活として必要とされる能力を競うと言う観点では、やはり「阿弗利加の大自然に生活をする人々」が想い浮かぶ。そこで、『(甲)現代的な観点での娯楽的追求と、(乙)実生活で必要とされる能力』との対決的な意味合いを含めつつ、大自然の中で競技を行われたく、『自然と(人の)肉体、そして競技(勝負)』を選手にと考えて欲しい場と成る事を望む。
留意
 生体的な繁殖力の強さに付いて、競技場の裏で争っている選手が多く居る事に付いては、留保中。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:45 (771d)