立川市役所 法規制外(200g未満)のUAV

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-07-20 (木) 10:59:21
  • 段階、参照:

趣旨

 以前に、管内で Unmanned Aerial Vehicle(UAV:無人飛行機)を飛行させる件で問い合わせを行った事が有る。

 最近に成って解ったのが、『法の規制外と成る200g未満の機体』の存在を確認。

 改めて、『法の規制外と成るUAVの扱い』を確認する。

補足 なぜ、UAVでわなく、Droneと呼称するのか(私論的な推論)
 もともと軍事の分野で発展するに至っていた事は、広く知られており、その印象を緩和する(事で、購買力を高め、政治的な軍事反対者からの指摘を誤魔化す)為に用いられたと判断するに至っている。米国の文化では、必ず二極化(二進数的単調な観点:善と悪、神と悪魔など)する傾向に有る。多神教では、二極性に限られないが、物事の観点が単調で判り易い半面で、誤魔化されて誤認する(誤認させる)事も有る。本節の件でも類似する。
UAV
 Droneと言う名称で楽観視する人も多い半面で、倫理性に欠ける利用が懸念されている。(参照 調査 仮想現実的 軍事 - 偵察機 - 日誌/進捗/平成28年度/9
小学生低学年でも操作が行える
 嘗て、米国の映画にも有ったが、市販されているGAMEと同じような環境でUAVの操作が行え、その件に付いて米国側は、「だいぶ前から把握を行っており、更に途上国などにおいて少年戦闘員などを用いた実戦的配備も、予測されていた」と判断するに至っている。

関する、課題

(再)確認

 本課題の件では、『法の規制外と成る200g未満の機体』に付いて再(追加の)確認を行う。

確認分の作成

立川市役所からの返答

  • 自由な研究/鑑査/立川市・平成29年度・第279号
    • 模型航空機は、航空法により規制される。
      • 飛行禁止区域
      • 法規の主幹は、国土交通省。
      • 届け出でを必要とする空域が有る。 - 届け出を行えば、飛行を許可される事が有る。
    • 敷地権
      • 他人の敷地における上空を(無許可で)飛行を行えない。
      • 立川市役所が管理する敷地内(公園を含む)の上空では、基本的に飛行を禁止。
      • 立川市役所の管理と異なる敷地では、管理者に確認を行う。

他の情報

+  YouTube

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-17 (金) 00:52:33 (23d)