国 民による義務教育の再受講

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-07-31 (月) 14:22:55
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦における義務教育の内容は、年々に進化する傾向に有るが、それを先人が把握する事は、日常の生活で関係するに至らない限り、不明と成る。

 つまり、「一般の大人(民:成人)の方が、義務的教育を経た能力に、欠ける」と言う事情が生じる。

事例
 近年では、小学校などの学習で、PCが用いられるが、それ以前だと無いので、生活的感覚が、親の幼少期と異なり、『親子で共通する学習の場』が、阻害される傾向に有る。
親と一緒に学べない家庭
 趣味や、自由的研究で、親子間の絆を深められる事は、古来から知られている。逆に、過剰にと親の趣味、仕事、生活の習慣などを、子供に押し付けると、反抗される事も有って、親子間における不和の原因にも成る。
子供と共に成長する親
 子育てが上手な親は、子供と共に成長する事を、意識する人が多い。

 また、現代的な倫理、自衛、社会性などを維持する基礎を、再度に学ぼうと努力する民の意識は、国益にも重要と成る。

 よって、『 民が、成人後に、現在の義務教育を再学習する機会を与える事 』を、国家に求める。

 なお、民の努力と言う観点で、独立(万屋)的に学習の場を設ける(それによって儲ける)事も検討する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:46 (771d)