立川市役所 多文化共生都市の宣言

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-01-25 (水) 12:39:39
  • 段階、参照:

趣旨

 立川市役所は、多文化共生都市の宣言を、平成28年12月19日に行ったと、公報たちかわ(平成29年01月25日)の見出で、宣伝が行われている事を確認。

 実は、立川市役所が、数年前から取り組んでいる事を把握するに至っていたが、公務的分野で、それを満たせる環境が無い事を指摘。

 また現状においては、『日本国の憲法を基礎とする多文化共生』との概念に欠けており、仏教系、Christianity、共産主義、その他など、憲法と異なる各々の思想に基づく、生活を展開している事も確認するに至っており、日本人としては、驚異と成っている。

 特に在日外国人に対して、「我々の宗教や思想に加担すれば、本邦で優位な生活を保障する」ような体制が整っている事が多く、異文化の天然工作員が繁栄する場所に成っているとも判断するに至っている。

異文化の天然工作員
 移植民と成った在日外国人の子孫が、後に本邦の国内で、天然的に反政府的な活動を行う事が有る。特に、少年期の不良化や、それに基づく、不良な集団の結成など、本邦に害を及ぼす事が有る。それらは、「入植の促進の以前から予測されていた」と判断でき、本邦の政府も公認していると判断するに至っている。
嫌在日の活動
 本邦の政府は、『嫌在日の活動』が生じる事も想定されていたと判断するにも至っている。つまり、「国は、国民の愛国心を煽る為に、故意で政治的な観点から治安の放置を行っていた」と判断するに至っている。

 よって、結果的に、政治的な観点から、『入植した後の異国民の子孫』を宗教の団体に取り込み、同胞化を図りつつ、隷従(依存)化へと誘導を行う傾向が有るが、それでも憲法や法律に基づく(自治の)倫理観が低下する事が解っており(事例、各地で生じている、在日外国人の子孫によって結成されている不良な集団など)、公共の倫理的な観点からも、覆いに懸念されるので、立川市役所が憲法、法律に基づく多文化共生の宣言を行ったのかを確認する。(僕が知る限り、「実質的に立川市役所は、憲法を基礎として運営が行われて無かった」と判断するに至っていた。)

 なお、その点における観察の対象は、政治の団体だと、自民党、公明党、共産党、民主党、他、宗教では、同胞系と本邦の政治団体に、ぶらさがる宗教などを確認するに至っている。

Christianity
 僕の観察だと本邦のChristianityは、Freemasonryの前衛(Slave)としてJehovah's Witnesses等が有ると判断するに至っており、他にも新興的宗教などに見られる共通の行動などが見られ、模倣している宗教の団体も、同等と判断するに至っている。

関する、課題

動向(経過)の観察

平成30(皇紀 2678;2018)年04月26日

立川市役所

 外国人専用と成る、相談の窓口が設置された事を確認。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:46 (769d)