東京地方裁判所 民事の訴訟における事務

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-01-25 (水) 14:07:56
  • 段階、参照:

趣旨

 書記官と事務官の業務に付いて、不明確な公務の状態に成っているのかと判断をするに至っており、もともと裁判官が書記官を専従者の如く(違憲)に、業務の指示を行っていると判断するにも至っている。

 よって本課題では、事務官と書記官の公務において、民間の企業にて展開する事務的要領と比較を行い、それに欠如の有る部分を補うように要望を行う事を基礎に、公務の自律(自己的発展:国家公務員が行っている宣誓文の通り)的な健全化を図る。

調査と確認、要望

東京地方裁判所 立川支部 民事 第一、三部

  • 平成29年01月24日

概要

 

東京地方裁判所 立川支部 民事 第二部

  • 平成29年01月25日

概要

  1. 書記官と事務官の関係
    1. 窓口の対応
      1. 送達と、その他
  2. 新規での窓口を設置

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:46 (780d)