訓練 平成29(皇紀 2677;2017)年度の模擬的な野営 - 秋

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/自衛/野営
  • 投稿日: 2017-09-24 (日) 18:19:45
  • 段階、参照:

趣旨

 室内で行える範囲で、野営の訓練を行う。

  • 訓練(実験、実証)の課題
    1. 火の扱い
      1. 着火の種類
      2. 暖房(暖を取る、灯りを兼ねる)
      3. 調理
      4. 燃料と、火の管理
    2. 簡易的な住居の設営
      1. 天幕( Tent )を張る。
費用に付いて
 基本的に、兼用(日常と非常)的な観点で、資材の購入を行い、本件の課題だけ(または、娯楽的な観点)の為に購入する事などは、避ける。
各種の得点( Point )
 もともと、『買い物の時に、各種の得点を集めている』ので、それを用いて、無料的に入手する。主に、野営に用いられる備品が、該当する。
食材の入手
 食材は、基本的に通常(または、備蓄用:非常用を兼ねる)の食費的に購入。
食材の管理
 半年毎(春と秋)に、備蓄(燃料、電池を等を含む)に、賞味、使用の期限などの管理を行い、日常の生活(野営の訓練を兼ねて)的に消費する事で、効率よく野営を、簡易的に学ぶ。

追記 平成29(皇紀 2677;2017)年10月19日

 色々と、展開等を考えている時に、ふと戦時中において、本邦の(に限らない)民が、戦地で炊事を行っている状況や、「明日には、死ぬと判るような状況下で、食事の支給も、十分に無い環境」を偲ぶ思いが生じている。

 もともと、野営の道具における飯盒(はんごう)や水筒(すいとう)が、軍事品の払い下げや、類似品の形式で、多く販売されており、それを利用する愛好家も居る事を想いつつ、「現代の人が何を想って、多国軍の払い下げ品を買い、野営を楽しんでいるのか」を想っていた末に、実戦の事情を想像するに至り、本邦の歴史をも空想するに至った結果、戦時中の苦労における記録等から、色々と想う(想像する)に至っている。

留意
 僕が、陸上動物の肉を食べない(草食系な)のは、「僕が食する為に、狩を行った獲物の肉と異なるから」で、『食肉用に育てられたような動物と同じく、大規模な災害や、一般での事故などの犠牲者の発生は、それによって周囲の人が哀れに想う事で、相応の防御的な知識を得ようと欲する(犠牲者は、他者の生存の為に、必要とされる:知恵の餌:餌食)も同じ」と判断でき、経世済民的の理念から逸脱するからで、既に存在する宗教、思想の観点と異なる。また、間違って陸上の動物肉が含まれる食品を購入するに至った場合は、逆に『自らの戒め(消費、購入の責任)的に、無理に食べている』と言うのが実態である。

関する、課題

事前の検討(準備など)

 今回は、主に火の管理(着火と、暖の維持)に関する訓練(実験など)を行う。

火の扱い

 火の扱いには、『(甲)灯火、(乙)暖房、(丙)調理』を基礎に検討され、それに適した燃料の確保も必要とされる。

 つまり、着火が行えても、燃料の維持を行えなければ、火を維持する事が不可能と成るので、それを避ける為にも、燃料の確保が重要視される。

燃料の種類

 近年では、100円均一などで、購入が可能。

  1. 個体
    1. 木(薪:まき)類 - 墨、紙類を含む
      1. 調理
      2. 灯火
      3. 暖炉
    2. ろうそく
      1. 灯火
  2. 気体
    1. Gas(ガス)
      1. 調理
      2. 暖房
  3. 液体
    1. Alcohol(アルコール)
      1. 調理
      2. 灯火
  4. 他、化石系の燃料
    1. [留意]
      1. 「燃焼の段階で、有害的物質の発生が懸念される」ので、積極的な利用は、好まれない。
    2. Gasolene(ガソリン)、灯油など
      1. 灯火
      2. 着火

着火と、火の維持

風が強い時
 着火が行い難いだけに留まらず、着火後も火の粉が周辺に飛ぶ可能性が有って、災害を生じさせる原因と成るので、注意が必要。
災害時の場合
 紙や薪(まき)、木の枝など使うと、煙が多く出る事により、周囲の人が『二次災害の発生(火事の発生)』と驚く事が予測される。
対策
 煙が多く出そうな場合には、予めに周辺へと事情を伝える。
補足
 食べ物など焼く時には、煙の臭いが付いたり、有害な物質が食べ物に付く事が懸念される。( 化石、化学的燃料 )

食品

缶詰

  • 野菜、穀物系
    1. 唐黍(とうきび)
  • 魚介類
    1. つな類

  • 野菜、穀物系
      • 僕の体質には、米が合わないが、非常食と言う観点では、保存性が高い。
    • 麦(小麦、大麦)
  • 調味料
    • Curry(カレー)

実験 - 訓練を兼ねる

平成29(皇紀 2677;2017)年11月14日

平成29(皇紀 2677;2017)年11月01日

平成29(皇紀 2677;2017)年10月25日

  • 課題 - 昼食
    • Alcohol Stove の扱い
      • 燃料用 Alcohol の扱い。
      • 燃料用 Alcohol における、安全な保管の方法を検討。
    • 調理用器具の使い方
      • 所持する各製品の特長を把握する。

平成29(皇紀 2677;2017)年10月24日

  • 課題 - 夕食(多忙で、昼食を抜くに至っていた)
    • 着火剤と墨の扱い
      • 墨の管理 - 冷蔵庫への保存 - 活性炭的効果が目論めるのか、半年間での保存における劣化性なども検証(の開始)
    • 焼き物
      • 薩摩芋
      • じゃがいも
    • 鍋物
      • きのこ類
      • 玉葱
      • 長葱

平成29(皇紀 2677;2017)年10月23日

平成29(皇紀 2677;2017)年10月20日

  • 課題 - 夕食(多忙で、昼食を抜くに至っていた)
  • 食事
    • 鍋物 - 割り下地(割下)は、市販の物
      • きのこ類
      • じゃがいも
      • たまねぎ

平成29(皇紀 2677;2017)年10月06日

平成29(皇紀 2677;2017)年10月02日

平成29(皇紀 2677;2017)年09月29日

他の事例

家庭内

Veranda (ベランダ) Terrasse (テラス)で、簡易的な野営

市販の飲料水容器(Aluminum(アルミニウム) 缶)を再利用

やかん

液体的な燃料入れ

飯盒

Stove (ストーブ)

灯り

牛乳などの紙容器を燃料にする


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-05 (火) 15:37:59 (60d)