国際 水素系燃料の開発に着手を行わない理由

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-10-12 (木) 11:01:28
  • 段階、参照:

趣旨

 水を電気的分解する事で、水素を得られ、それを燃料にする事が可能と成る事は、本邦だと一般的に義務教育課程で習うのかと想われる。

 ところが、世界的規模で水素的燃料の動向を観察すると、然程に開発が行われておらず、戦時中の水素的爆弾が知られている程度に留まっている。

 また、公害を発生させる化石的燃料が、長年に経済の主流と成っている。

 よって、「なぜ水素的燃料の開発に着手を行わない理由」を、世界中の各国(各文化)、及び宗教、思想的な観点から、追及を行う。

関する、課題

外堀(そとぼり)的な観点

石油と国際的関係

 既に解っている部分(僕が、学生の時に習った:産業論)で、「西洋的には、英国、米国(Free Mason 系が関与する(学生の頃には、解らなかった)営利的事業:俗称では、『 Seven Sister's 』)を中心とする、石油燃料系の事業により、新たに安価な燃料が開発される事を阻害されている」との観点が有る。

Seven Sister's(Wikipedia
 国際石油資本。
Standard Oil Company of New Jersey(米国)
 後の、Eastern States Standard Oil ( Esso :米国)
1999年に Standard Oil Company of New York と合併
Exxon Mobil Corporation (米国)と成る。
Standard Oil of New York(米国)
 後の Mobil(米国) 。
Esso と合併
 後(1999年)に、Exxon Mobil Corporation(米国)と成る。
Standard Oil Company of California(SOCAL:米国)
 後の Chevron Corporation。
Gulf Oil(Wikipedia
 後のChevron Corporatio(米国)
留意
 一部は、BP
The Texas Company(米国:Wikipedia
 後の Chevron Corporation。
Anglo-Persian Oil Company(英国)
 後に、British Petroleum( BP )と成る。
Royal Dutch Shell plc(阿蘭陀、英国:Wikipedia
 Holland(オランダ:60%)の企業と、英吉利の(イギリス:40%) の企業による合資企業。
  • Standard Oil Company(スタンダード・オイル:米国:Wikipedia
    • John Davison Rockefeller, Sr (ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー・シニア)が設立。
      • Standard Oil Company of New Jersey
      • Standard Oil of New York
      • Standard Oil Company of California → Chevron Corporation
  • Chevron Corporation(シェブロン)
    • Standard Oil Company of California ← Standard Oil Company
    • Gulf Oil
    • The Texas Company

 学生の頃に産業論で、習っている。

 上記からも解る通り、「中東の地域で、英国、米国が参戦する戦争は、石油の価格(利益:利害的対立)を調整する為(だけ)」との説が有り、問題視されている。(建前上は、宗教的戦争)

 また、双方の軍人を育てつつ、人材を適度に消耗する(軍人は、消耗物に該当する)を行う為に求められていると、判断できる。

平成29(皇紀 2677;2017)年10月12日
 なお、Free Mason が自らの団体を象徴する絵柄に、 Pyramid (ピラミッド) Capstone (キャップストーン)を用いているのは、「石油的依存の戦略を展開するに至り、中東の人々から反感を得ないようにと、思想の原点と言う観点からも親しみの有る絵柄を用いつつ、それ( Capstone )が英国に有る(英国や白人、Free Mason によって管理されている:中東の意志は、白人が管理する事の象徴:実質的には、奪われた)事を前提に、魔よけ代わり(一般の中東人から、恨まれ無いようにする為)に使っているだけ」とも判断するに至った。
留意
 本節の観点は、記載を行う以前(二か月ぐらい前)から、想っていた。

それでも、なぜ水素的燃料などに着手を行わないのか

 水素的燃料の外にも、太陽光、風力、水力など、あらゆる分野における燃料の開発には、意図的に莫大な費用が必要とされる『資本的な足枷(あしかせ)』が仕掛けられる事が多い。

留意
 「水資源燃料は、本邦だと小学生程度の知識が有れば、誰でも開発が可能」であるが、本邦における一般の国民は、それに気が付か無い事も多い。

所属する自治体の事情を調査

 立川市役所の事情を確認する。

確認文の作成

立川市役所からの返答

世情の観察

報道 - 英国

令和02(皇紀 2680;2020)年11月15日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-15 (日) 02:48:06 (74d)