立川市役所 Christianity等、宗教、思想、並びに政治の団体等に所属する人員の倫理観が異常に低い(悪い)件

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-10-19 (木) 01:58:09
  • 段階、参照:

趣旨

 実は、立川市役所へ移転する以前(八王子市役所の管轄下で在住中)から、民主党を支援する、思想、及び宗教の団体における倫理観の低さは、把握を行っていたが、立川市役所の管内においては、一般人を含む全体的な倫理観が異常に低い事を感じていた。

補足
 八王子市役所の管轄下に在住中は、在日外国人を工作に起用する事は、把握を行えてなかった。

 立川市役所の管轄下へと、転居を行った当初は、「指定暴力団による影響か」と想いつつ、立川警察署を含め、色々な観点から調査を行っていた。

調査の結果
 指定暴力団による公な活動が目に余り、僕の経験から立川警察署の職員(つまり警察官)に問題が有ると判断を行うに至り、相応の対策を検討、及び各行政の機関へと要請するに事と成った。
対策の結果
 『各々の警察官に問題が有った事は、事実』で、後に改善されているが、「町全体の倫理観が低い」と言う部分では、「指定暴力団による関与(影響)の問題では、無い」と判断する事と成った。
補足
 なお、転居後に、脅迫や、PCへの不正侵入等、色々な事件が発生するに至っているが、それら全てを粉砕されており、事件扱いにされて無い。(逆に想えば、「そんな警察(の活動)が有れば、誰だって指定暴力団に加担する(犯罪行為の有意性における実質的な利益や、それへの動機が生じる)」と思えるにも至っており、それらの観点からも、『立川市役所の管轄下は、倫理性が低い』と判断するに至っている。他にも、色々な事情が有り、総務省へと、『立川市役所における自治権を剥奪するように求めた事』が、過去に三回有るが、それを改めて行う必要が有るのかと最近に想っている程に、違憲や不法な活動が、公務員によって生じている事を確認するに至っている。
他の原因
 後に、『(ア)宗教の団体が、異常に多い事、(イ)順位的に、Freemasonry 系、Christianity 系、仏教系と、優位性が有ると感じられつつ、基本的に Freemasonry よりも優位に成れる宗教の団体や思想(共産主義、社会主義などを含む)の団体が無い事』等も判った。
調査の対象
 特に、Internet 上で問題視されている、「(甲)創価学会*1、(乙)世界平和統一家庭連合、(丙)在日外国人」等が対象と成っていた。
結果
 複数の思想や、宗教の団体における複合的な問題によって、倫理観の低下が生じていると判断するに至っている。嘗て、中華人民共和国の歴史でも、仏教が広まっていたのにも関わらず、その仏教徒による対立が不倫(倫理性に欠ける争い:客観的にも仏教徒と認め難い程の対立)と陥った時代が有るとの認識が有る(現在では、西遊記などで、童話的に語り継がれている)が、それと同じく、異常な数の宗教、思想の団体と、それらによる過剰な対立により、倫理観が飽和するに至っていると判断できる。なお、Christianity内(各種)でも歴史的には、決闘、戦争的な対立が生じているが、立川市役所の自治内(18万人程度の自治)では、新興的宗教や新思想を含め、異常な数の団体が存在するに至っているが、神道、仏教、Christianityや、他の思想、及び多文化共生に伴う、世界の各国から立川市役所の管轄下に在住する外国人の宗教や思想の文化も含まれ、それら「多文化が共存する環境が在るのでわなく、多文化の導入を試み、共生する方法を模索する(実験的な)自治」と化されているが、『その自覚が住民に無い』とも感じられる。
創価学会
 世間的にも公に成っている数多い事件の外に、「他の政党と比べて、比較的に共産党と対立的関係に有り、Internet上でも創価学会における闇の部分が暴露されていたが、「それらの情報には、信憑性が有るのか」を確認する為に、立川市役所の管轄下へ移転を行った時から、長年に調査を行っている。その結果では、「ほぼ事実だと想える(他人の事案を、YouTube等で確認する事も含む)」と判断するに至りつつも、宗教の団体と認めている国側にも問題が有ると判断するに至っている。
真如苑
 Internet上でも、色々と話題に成っているが、真如苑に付いては、過去(八王子市役所の管轄で居住中)に、幹部的地位の人と仲が良かった(もともと、真如苑の存在を把握するに至ってなかったが、相手が真如苑の信者で有る事を打ち明けられつつ、地元の政治における闇的な部分の事情に付いて、色々と教えてくれた)事も有り、後に『立川駅における信者の行列による迷惑な事情』に付いて、自分の実体験を基に真如苑の広報課へと注意を行い、序に対策の検討案も伝えた事が有って、後に少しづつ改善されていた事などの経緯が有り、「適切に注意を行えば、改める団体」との認識が有ったが、立川市役所の管轄下への転居後では、「住所不定者に対する炊き出し*2を、社会福祉協議会を後援する形式で行っていた」との事が判り、それに付いても、立川市社会福祉協議会側に炊き出しの中止を請求するに至ったが、後に中止されたのかは、不明。
天理教
 転居後に散歩の為、地図を見ていたら、自分の居住地の近くに天理教の施設が有る事を確認。序に調査を行ったところ、やはり他宗教の団体と等しく、色々な悪い噂が有った。また、僕の体験と言う点でも、YouTube等で確認する限り、人間関係的には、関わらない方が良いと判断するに至っている。また、『気遣い(気の使い方)が悪い』とも判断するに至っている。
共産党
 僕は、埼玉大学経済短期大学部(経済科)卒業(もともと、中学校を卒業後、足利工業大学付属高校 自動車科に進学。三年次には、Amateur無線部の部長も勤めていたが、中退。後に二十歳を過ぎてから、地元の埼玉県立越ヶ谷高等学校 定時制 第三学年に編入。就業を行いながら卒業後、短大に進学するも、夜間だったので、就業を行いながら卒業。後に、中央大学 法学部 通信教育過に在籍するも、洗脳的な教育に嫌気を感じて中退。当時の拓殖大学 学長が主催を行っていた、ASIA塾のA、Bにも在籍、修業。他にも色々と有る)で、当時に自治会の副会長を務めていた事も有ったが、全学連の関係者人員とも、少々に交流を持っていたが、日教組、及び共産主義には、賛同するに至っておらず、比較に嫌な感じを受けていた経緯が有る。立川市役所の管轄下へ転居を行った後では、やけに目障り、気に障るような存在と成り、「特定の病院などを介する形式で、意識の操作(憲法 第九条を守ろう等と、病院内の掲示板で、政治的な宣伝:思想的な宣伝)が行われている事を確認するに至っており、その件で病院に注意を行った事が有る」が、後に改善されている。以後においては、政治的な宣伝が日々に耳障りだったのと、「本邦には、公務員制度が有るので、特に共産主義を必要とされておらず(憲法の前文に記載の有る通り)、もともと共産党が主張する内容は、ごく当たり前の事が多く、僕一人の活動でも問題を解決させられるような課題も多く(これ迄の僕による実績から、僕一人の活動に共産党の活動は、劣る:逆に、一人でも行える事を、「何も集団性を呼びかけて、無駄に争う必要も無く、政党名や団体性に拘らず、個人的に活動を行えば、もっと指示されていたであろう」とも想える)、集団を維持する理由が不明で、挙句の果てに共闘まで公言するに至っている等、倫理(公安)性に欠ける部分が多い」と判断するに至っている。

 これまでの観察から、立川市役所の自治において、『(あ)異常に多い各種の宗教、思想の団体と、(い)それらの倫理観の低さ』との部分においては、宗教、思想間での無駄な対立が原因と判断するに至っており、人間関係の工作などに関与する件では、それに着手する精神病質性は、過剰な敵対的意識や他人を、Satan(サタン)、悪魔などと差別を行いつつ、自らの行為における正当性の意識的操作(一般的には、Mind Control と呼ばれる:西洋だと魔女狩り、近年だと Rwandan Genocide等、比較的に知性が低い文化や人により、生じ易い )を受けているから」と判断するにも至っている。更に、立川市役所の管内では、あらゆる所や場面で、刷り込み(特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図 を持った行為:Propaganda )が行われている事を確認する事が行えつつ、それらが何故か、 最終的に Free Mason が優位に成るような結果に結び付けられている事にも不信感を抱いていたが、近年に 日系の Free Mason に問題が有ると、(暫定から)決定するに至り、相応の対処が展開するに至っている。

Free Mason
 諸説に著書を含めて色々と有るが、もともと現代に至っては、Free Mason自体が多種と成っており、近年に一般で言われるような一種的な Free Mason に限られて無い。
僕は、特殊な握手を行った事が有る
 短大生(今から約二十年前)の時に昼間の仕事で、中学生の頃から憧れていた本田技研工業系への職業を想う所から、二輪の販売店を電話帳で調べて、雇用を求めた時に、その社長が、僕と特殊な握手を一度だけ行ったが、当時には、その意味が判らなかった。後には、経済を学ぶ時に大衆心理や心理学にも興味が有って、それの関係で古本屋で、秘密結社に関する本を見付けて、漫画的に読み始めたが、経済的な観点で想えば、かなり深刻な内容と判断するに至り、各種の思想、宗教に付いても、客観的に広く浅く学ぶ事と成り、その時には、握手の事は、解らないままだったが、Free Mason、及び Seven Sisters(産業論で石油企業の歴史を学ぶ)、米国の歴代大統領の事情を知る事と成った。八王子市役所の自治では、当時に Temple大学 が南大沢駅に有り、好奇心を抱いてたが、それが無くなってからは、徐々に Free Mason への印象は、悪く成る一方と成ったが、結果的に元祖 Free Mason への憎悪と言うよりは、交戦的な団体と、近年だと日系の Free Mason が、悪いように感じられる展開(その仕込みは、元祖によると判断するに至って居る:つまり日系人が、責任を負わされている)が増えている。
Unique
 Free Mason には、Unique な一面が有り、その活動における全てを否定するつもりも無いが、「本邦において寄生的、及び依存(専制と隷従:憲法の前文に反する)度を高める工作は、文化的な(心の底からの)侵略(洗脳、意識的操作)と言う外に無く、それらを憲法に照らせば違憲、法に照らせば違法と成る部分も多く有る」ので、日本国の民、その一人と言う立場からは、相手の世間的な地位に拘らず、敵意を抱くに至るが、改まり(憲法に添う活動、及び倫理観の高い活動)が認められる場合には、それまでもを否定する理由が無いので、敵対するに至ってない。逆に、改まりが確認を行えない場合、相手が最も苦手とする、あらゆる(合憲、合法な)手段で、徹底的対抗策を展開(不思議と負けた事が無い)され、結果的に相手が改まらなかった事は、無い。

 なお、第三者が本件の課題を見て、誤解する事が無いように記すが、「犯罪者が、『仮に、理想的な生活の環境が有れば、犯罪に着手を行わなかった』であろう、一般的な生活の環境を、まず単身の観点から保障を行いつつ、徐々に二人、三人と仲間(お互いを理解する者)を増やす形式で、平穏に暮らせる街造りが、僕における経世済民研究の基礎にあり、指定暴力団や、やくざ等、本邦の古来から存在する団体、及び独りに、どうのような環境が有れば、倫理観を保ってもらえるか』等を追求する事」が課題の基礎と成っており、それらを憲法や法律が基準と言うよりは、指定暴力団などの観点から展開され、その時に憲法や法律に照らす事を加え、どれだけの利益や損失が出るのかの観察を行いつつ、行政の機関へと改善の請求を行っているのであって、一般人が想う所の正義感とは、大いに異なるので、一般者から表見的に正義と思える人でも、社会的な地位に拘らず、平然と敵対心を抱く事も有るので、理解されたい。

関する、課題


*1 盗聴や素行の調査など、事件数が異常に多い
*2 住所不定者を集める事と成る:また、生活保護制度を無視する事にも繋がり、憲法や法律に伴う倫理性の観点とは、異なる事

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:48 (686d)