自衛 台風21号の接近(及び通過の予測)に伴う、減災を準備


趣旨

 台風21号の接近、及び通過の予定に伴う、減災(防御)の体制を準備を行いながら、災害の情報を収集する。

警戒と防御(安全配慮の環境が、自治体、公益法人的に整っているのかを確認する事を兼ねる

  • 主な警戒の対象
    • 停電

自衛

  • 予備の電源を確保
    • 充電池の残量を確認。
      • 必要なら再充電の開始。

居住地近隣の情報を収集

  • Amateur無線機の稼働
    • 傍受 - 145、430、12000MHzなど - 近隣の警戒を目的とする
      • 簡易的な空中線 Antenna (アンテナ) )の設営における訓練を兼ねる - 室内
  • Community (コミュニティ)(地域) Radio (ラジオ) の受信

結果

電源の確保

 台風の場合には、近代的な気象における情報の関係から、数日まえから予測が公開されており、それによって防御(減災)の体制を整える時間が有る。

留意
 小規模な群発的地震(火山性や、大地震の後に生じる余震を除く)を除いて、一般的に予測され難い災害に付いては、常時の警戒を要するので、相応の装備は、常時的に準備を整える必要が有る。

居住地近隣の情報を収集

  • 自治体からの情報
    • 所属する自治体の Webisite 等で確認を行える。
      • 事例 - 立川市役所 - 10月23日における小・中学校の休校に関する情報などが掲示されていた。(現在では、削除されている)
  • Community (コミュニティ)(地域) Radio (ラジオ) の受信
    • FM たちかわ
      • 主に鉄道の情報と、幹線的道路の情報が、定期的に放送されていた。

水害、土砂の情報

停電の情報

 近年では、 Web(ウェブ) Site (サイト)上からも確認が行えるが、近代化が過剰と成っている所も有り、特殊な機能を要する(付属的な機能が無いと、画面が見れない)場合も有る。

+  YouTube

各企業による停電の情報

気体的燃料( Gas (ガス)

各企業による供給の停止に関する情報


*1 特殊な機能が求められる

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-26 (月) 04:46:25 (40d)