厚生労働省 病院による心理(行動)の操作

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-10-31 (火) 16:11:32
  • 段階、参照:

趣旨

 長年に、立川市役所の管内に在る各(種)病院を観察するに至ったが、病院(医師や看護師:薬剤師、薬局、歯科を含む)が、政治や宗教、何だかの思想に伴う、心理的操作を行っていると判断。

補足
 もともと立川市役所の管轄下へ転居を行った当初に、街の倫理性を確認する為、色々な事を調べていたが、『 警察官、市役所の公務員 』への倫理観が異常に低く(他市民からの信頼感も低い)、宗教( Christianity 系を含む)や、政治、思想、人種(国内外)的な団体に所属する者は、団体からの心身的な擁護を受けられ、孤立する者は、擁護の対象外と成る傾向に有った。

 それらが原因で、民が先進的に信頼できる人の存在が減り、孤立する(不健康になっても、病院に行かない:行く気になれない ≠ 医者の解釈では、「心身における健康の管理を行えないのは、自業自得」と断言する傾向も有る)を踏まえ、卑劣極まりないと判断するにも至っている。

 本来、医者は、中立平等性の責任が問われ、逆に医者(に限らず、司法も類似する事が判っている)の業界における組織の形態は、異常な社会性で成り立っており、「それの形式は、犯罪の組織が形成する自然的な形式と、類似する特徴が有る」が、各文化によって特徴が異なっており、本邦だと過剰な隷従の体制(違憲:憲法の前文、第二段落に反する)が、多く見られ、公務員などの分野でも、統率が要される自衛隊、警察の分野にも、普通に生じている悪い現象(人の関係)である。

関する、課題

関連的な調査

簡易

 立川市役所の管内における、精神科医の数を、確認。

平成29(皇紀 2677;2017)年11月01日 現在

 精神科医を、有する病院の数は、14件。

悪質な医療関係者人員の告発

関する、法規

自殺対策基本法(電子的政府

公布
 平成二十八年三月三十日
改正
 平成二十八年 法律 第十一号

第一条(目的)

 この法律は、近年、我が国において自殺による死亡者数が高い水準で推移している状況にあり、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して、これに対処していくことが重要な課題となっていることに鑑み、自殺対策に関し、基本理念を定め、及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、自殺対策の基本となる事項を定めること等により、自殺対策を総合的に推進して、自殺の防止を図り、あわせて自殺者の親族等の支援の充実を図り、もって国民が健康で生きがいを持って暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的とする。

第二条(基本理念)

 自殺対策は、生きることの包括的な支援として、全ての人がかけがえのない個人として尊重されるとともに、生きる力を基礎として生きがいや希望を持って暮らすことができるよう、その妨げとなる諸要因の解消に資するための支援とそれを支えかつ促進するための環境の整備充実が幅広くかつ適切に図られることを旨として、実施されなければならない。

二項
 自殺対策は、自殺が個人的な問題としてのみ捉えられるべきものではなく、その背景に様々な社会的な要因があることを踏まえ、社会的な取組として実施されなければならない。
三項
 自殺対策は、自殺が多様かつ複合的な原因及び背景を有するものであることを踏まえ、単に精神保健的観点からのみならず、自殺の実態に即して実施されるようにしなければならない。
四項
 自殺対策は、自殺の事前予防、自殺発生の危機への対応及び自殺が発生した後又は自殺が未遂に終わった後の事後対応の各段階に応じた効果的な施策として実施されなければならない。
五項
 自殺対策は、保健、医療、福祉、教育、労働その他の関連施策との有機的な連携が図られ、総合的に実施されなければならない。

第三条(国及び地方公共団体の責務)

 国は、前条の基本理念(次項において「基本理念」という。)にのっとり、自殺対策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する。

二項
 地方公共団体は、基本理念にのっとり、自殺対策について、国と協力しつつ、当該地域の状況に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する。
三項
 国は、地方公共団体に対し、前項の責務が十分に果たされるように必要な助言その他の援助を行うものとする。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-22 (木) 11:26:07 (429d)