国 被生活保護者による蚤の市、骨董市

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-11-04 (土) 13:38:48
  • 段階、参照:

趣旨

 被生活保護者の遺品の扱いや、価値が有る物の売却に付いて、蚤の市、骨董市を介する形式で自己的売却が行え易い環境を整える。

 また、『売却された物は、特定の範囲で、収入の申告を免除する』との配慮も、良いのかと想われる。

 現状では、『(甲)収入の申告、(乙)私物品の価値が解らない、(丙)遺留品の扱い』が問題と成っており、それにおける対処を誰が行うのかも問われている。

 よって、自分の価値観で、自由に売却が行える、蚤の市、骨董市を介する方法で処分を行えば、各種の問題を緩和する事が可能と想えるので、その検討を求める。

 なお、『高価な物を売却するに至った時に、その申告を行わず、過剰に給金を得ようと試みた場合には、詐欺が該当する事』は、それが発生する事が無いような環境も必要とされる。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:48 (780d)