国 違憲、不法な、洗脳、意識の操作を、行う者や集団の排除

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-11-26 (日) 20:05:18
  • 段階、参照:

趣旨

 古来から、宗教、思想(共産、共和、偽装的民主を、含む)の集団では、違憲、違法な『(A)洗脳、(B)意識の操作』を、行う傾向が、有り、その最大的規模では、戦争などの軍事的活動と、成る。

宗教での特徴
 宗教の多くでは、「(Ⅰ)悪魔、(Ⅱ)悪霊に、取り憑かれた」等と、人を、差別化する傾向に、有る。
洗脳
 強制力によって、人の考えや行動を、操る。ある意味で、催眠術と、同じ効果を、発する。つまり、心情的な理性が、有っても、行動の制御が、行えず、悪事に、加担する傾向に、有る。
本邦の事情
 「軍国化の背景に、政府による洗脳の活動が、有ったと、判断でき、その背景には、西洋的な思想が、支援を行っていた」とも、判断するに、至っている。
意識の操作( Mind Control )
 主に、情報(五感など)の操作を、行い、人の感情や、それに伴う行動を、操作する。
洗脳との違い
 強制力よりも、論理的な情報の操作によって、展開され、「術に、捉われた(陥った)者が、自発的に、行動する」ので、主導者の責任が、問われ難く、『洗脳だと、強制力に、体罰(暴力、脅迫)等も、含まれる』ので、主導者の責任は、免れ難い。

 また、洗脳を行っている者達の多くは、何だかの犯罪に、着手を行っている事が、多く、集団的暴行なども、生じている事が、多い。

 更に、本邦では、憲法 第二十条に伴い、国民の個々に、信仰の自由を、認めているが、信者の個々を、過剰に規制、強要する事までもを、認めてない。

憲法 第二十条
 本邦では、「条文の自由は、憲法 第十二条で、規制されている」ので、違憲、違法な事を、自由とは、認めてない。

 よって、違憲、違法な『(A)洗脳、(B)意識の操作』を、積極的に、排除する事を、国家へと、求めつつ、「違憲、違法な活動を、行う、宗教、思想、団体に、『法人権を、与える理由は、無い』のだから、それを取り消すように、求める。

 なお、「法人権を、取り消された後、その時の構成員が、新たな集団を、形成する事を、禁止する必要が、有る」のかと想われる。

関する、課題

関する、法規

憲法(電子的政府

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第二十条

 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

二項
 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
三項
 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

 よって、そのような団体に、宗教法人を承認する理由が無いのだから、それを取り消すように求める。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-02 (木) 20:44:28 (432d)