国際 違法な操業による製品の輸入を拒む

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-12-15 (金) 20:04:05
  • 段階、参照:

趣旨

 外国による違法な操業が、平然と行われているが、それを購入する者(国、業者)も居るのが事実と想われる。

 よって、国際的な規定に従わない国から、密漁(密猟)を行って得た商品の輸入を拒む事によって、抑止力を試みる事を、国家に求める。

 なお、「未許可で複製品を作る事が盛んな国も、広く国民に認知されているが、その国による精神病質性は、相手国の事情(国民性)と、国際的に受け取られている事を自覚する必要が有る」と、判断するに至る。

関する、課題


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-22 (木) 01:23:23 (42d)