国 宗教、政治の関係から工作を行う公務員の排除

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-02-03 (金) 17:42:00
  • 段階、参照:

趣旨

 全政治団体や全宗教の構成員により、公務の健全性(憲法、及び法律の趣旨)が保たれない状態を解消する。

  1. 観察の対象
    1. 全政治団体
      1. 民主党に関しては、外国の構成員を含む。
    2. 全宗教団体
      1. 外国からの構成員を含む。
      2. 共産党、社会主義に付いては、厳重な観察の対象。 - 専制、隷従、偏狭の除去(日本国 憲法 前文より)

関する、法規

憲法 電子的政府(法令の検索)

昭和二十一年十一月三日憲法

前文

第二段落
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:49 (780d)