国 成人式の日に、宗教、思想の宣伝

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-02-08 (水) 14:01:29
  • 段階、参照:

趣旨

 『成人式の日』に、新成人へ、最低でも、『()六法(模範、等を、含む)の配布』、『()官報の存在』を、明確に、示す、事を、求めて、いる(立川市役所 成人式に、六法を配布 - 日誌/進捗/平成29年度/7)が、それが、自治体、及び、国家に、無い。

 また、現状だと、新成人へと、「(A)『(あ)、(い)』の存在を、国家が、明確に、示さず、(B)その代わり、宗教、思想、等の広告(勧誘)を、容認(黙認)の状況」は、違憲と、判断。

 よって、『(ア)警戒』、『(イ)観察』、『(ウ)行政的指導の要請』を、行う。

 なお、「『成人の日』に、『(あ)、(い)』を、行う、事」は、「国家が、各種の自治体へと、指導を、行う、事」も、以前から、国家へと、求めて、いるが、それも、「叶って、無い」ので、継続的に、求める。

解説
 『(甲)基礎的な法規と成る、六法の配布、(乙)官報の存在を、告知する』事を、行わない、現行の国家は、「違憲で、ある」事が、明確で、それを、「国家が、改めない状況(国家)にも、不信感を、抱く」に、至っている。
補足
 中身の不明な物が、配布されて、いる(僕も、自分の成人式の時に、体験)。
中身の不明な物
 「お菓子、記念品が、入って、いる」、等と、呼びかけて、渡す、傾向に、有る。
 また、周囲の者も、「只で、貰える物は、貰って、みる」との観点で、事情も、判らず、受け取る(心理に、陥る)傾向に、有る。
中身の不明な物が、配布されて、いる、件(事例)
 『(A)聖書、(B)教祖、思想家の著作物』等も、有る。
利益を、回収する為の隷従者を、確保(捕獲)する、戦略に、過ぎない(ある意味では、投資:撒き餌)
 Trojan Horse(トロイの木馬:原型は、ΜΥΘΟΛΟΓΊΑ ΕΛΛΗΝΙΚΉ*1)と、同じで、標的の内面(精神)を、制する(内側に、潜り込み、意識の操作を、行う:隷従、服従、等の)為に、『(a)本や書物、(b)口述的な演劇』が、用いられて、いる、事は、古来から、行われて、いる。
 また、外にも、近年だと『(c)動画、漫画』、等も、用いられる、事が、解って、いる。
近年に、本邦で、危惧されて、いる、事
 本邦の国民は、他国の民と、異なり、憲法に、感心が、無い
 その影響で、『志が、迷う、事』も、生じており、違憲(及び、不法)な宗教や思想にと、救いを、求める、事も、発生。
 まるで「未受精な鶏卵に、自らの精子を、改めて、加えるかの如く」*2で、それを、本邦の文化的に、表現するのならば、『鵜飼(うかい)の()を、確保する為の工作』と、想える。

関する、課題

 


*1 Ελληνική(ギリシャ)神話。
*2 『(a)志が、無い、(b)精神が、害され、他者に、救いを、求める、心境に、陥って、いる、(c)隷従の性格を、有する』等の者を、見付けつつ、救世主の如くに、現れたような説明を、行いながら、意識の操作、洗脳を、行い、集団へ、取り込んで、心身の安心、安定感と、引き換えに、何だかの代価を、請求。または、その目的で、『精神の破壊』(傷害罪)を、試み、『標的が、他人へ、助けを、求める、心境に、陥った、頃合いを、見計らって、偶然や、「神仏精霊に、導かれた」、等の口実で、装い、救済へ、向かう、等。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-23 (水) 23:17:51 (1h)