国 隷従者の確保を展開する違憲な団体

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-02-08 (水) 14:47:35
  • 段階、参照:

趣旨

 宗教や思想に限らず、犯罪の組織でも同等に、隷従者を確保する活動が行われている事が有り、「本邦の憲法と比較すると違憲であって、憲法に習い排除される必要が有る」のかとも判断する。

 よって、各種の宗教、思想の観察と、犯罪の組織などを観察する事を検討する。

 なお他国の工作(当方の現状における調査では、国家の意志と異なり、表見的に政治的思想を装う宗教、思想に基づく工作)に付いても同等に観察を行い、民(国民の一人)として正当な防衛も検討する。

補足

 皇室内における人間の関係を経た宗教、思想の工作に付いても、警戒と観察を行う。

 現状において「既に、異教徒による人間関係的工作の罠に落ちている」と判断をするにも至っており、その愚かさに付いては、「自然に浮き彫りにされる」のかと想われつつ、それが『国民の恥にも成る』のかとも懸念されるが、それもまた「本邦の王室における気質」として現実を認めるのも、『本邦における古来からの民らしさ』なのかと思える。

 よって基本的には、観察を行いつつ、それに習い、悪い部分を民の生活において警戒する。

 なお、僕の現状における実生活では、『(A)皇室に信者が居る、(B)協力者が居る』等の事を前提に、図に乗る(倫理観の低い:仏教に限らず、主に西洋的思想)宗教、思想の団体も多く有るのかとも判断するに至っている。

連帯する課題

  1. 国 成人式の日に、宗教、思想の宣伝 - 日誌/進捗/平成29年度/30

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:49 (780d)