経済 海外における Net Game の事情

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-02-15 (水) 00:18:52
  • 段階、参照:

趣旨

 Network GAMEに付いては、数年前から国内的な範囲で観察を行っていたが、今回の課題では、欧州、米国の範囲(に設置された GAME Serverの事情)を調査する。

 本課題に関する調査は、既に平成28年頃から調査への着手を行っており、それを公開してなかったが、本年度から公開を行いつつ、米国、欧州圏を含めた、Network GAME 依存症と判断できる、『(甲)電子的射幸心(Network Shooting GAME)、(乙)電子網を介する遊戯の交流(Network Play Communication:GAMEを介して交流を深めつつ、それによる人間関係)、(丙)Network依存』

過去の事例
 本邦では、嘗て『(あ)Internetを介した掲示板による人間の関係が形成され、誹謗、中傷、暴露などの情報や、(い)出会い系による性犯罪』等が問題視された時期が有る。その当時における僕の対策案は、『出会い系に付いては、風営法の類推適用を求めつつ、警察へと届出を行う事」を求めている。
補足
 当時には、自殺を助長するSiteを運営してた者を僕が感知しており、警視庁にと通報を行っていたが、後に複数の事件が発生して、世間的にも公となった。(つまり、未然に事件の発生を防げなった:Dr.キリコ事件)
追記
 後に、自殺の防止(自殺の防止をする対策を国家へと提案する事)等に付いての調査にも着手を行っている。

関連する課題

世間的な傾向

平成29(皇紀 2677;2017)年02月24日 現在

 平成29年の前後から、なぜか中華人民共和国の USER が増えており、欧州、欧米人から嫌がられている傾向に有る。

 なお本件の課題は、『欧州、米国の範囲(に設置された GAME Serverの事情)を調査』であって、現地の参加者(欧州、欧米人など)を観察する事が目的であったが、想わぬ事情に、驚いている。(ので、早期に本課題を公開するに至った)

中華人民共和国のUSER

 悪意が有ると言うような者は、然程に多くないようだが、集団での参加と成るので、現地の人員による利用枠が狭まっている。(つまり、参加の枠が定まっている事が多く、その枠を広く占拠してしまう:それに対して、欧州、欧米のUSERが嫌気を感じている)

留意
 嫌がらせ等を行うのは、やはり欧州、欧米のServerに関しては、現地の人が縄張り意識的にと活動する事が多いようである。ちなみに、ASIA Server が設置されている場合でも、なぜか欧州、欧米のServerへと遠征*1的に参加している人(中華人民共和国の民)も居る。

 また、「(甲)中華人民共和国のUSERである事を個々が主張している事が多く、(乙)集団での行動も見受けられ、(丙)それらに伴い、色々な意味で中華人民共和国の宣伝に成っている」との状態にあり、ある意味で面白い行動を見られる。

補足
 Softの不正な複製を経て、参加している可能性が疑われる。
追記
 嘗ての中華人民共和国では、Network Game に関して厳しい規制がされていたと言われているが、大韓民国などから Pro Gamer(プロ ゲーマー:GAMEに参加をする事で収益を得る人)が世間的に認められ、その時期ぐらいから中華人民共和国でも緩和されたらしい。

India への懸念

 後に、India(インド)の一般的家庭へ、Internet網が標準化された場合には、中華人民共和国を上回る状態に成る可能性が懸念される。

平成30(皇紀 2678;2018)年11月22日 現在

 世界保健機関(World Health Organization( W H O ))は、平成30(皇紀 2678;2018)年06月18日に、『 Gaming Disorder 』を、公表。

+  YouTube

*1 宣伝:政府の関与が有る訳で無く、唯単に母国への誇りから、民が所属する国を宣伝的に主張する行動

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:50 (343d)