最高裁判所 広報課における外線の対応

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-02-17 (金) 16:20:36
  • 段階、参照:

趣旨

 「最高裁判所 事務総局 広報課の人員による、応対が、不適切に、感じられる、事が、過去(十年以上も、前から:故に、『事務総局 人事局 調査課で、一般者から、人事系の苦情を、受ける、目的で、開放を、行う、事』を、僕が、求めた、事も、有って、その後に、『事務総局 人事局 調査課が、一般者から、苦情を、受けるように、成った』との経緯が、有る)から、継続的に、生じて、いる」が、以前からの注意、警告、及び、各苦情の申立、等、から、徐々に、接遇の能力が、改まって、いる。

 また、民間の企業だと、二十年以上も、前から、「職員、利用者による、対話の録音(記録)が、行われて、いる」が、それと、比較する、ならば、公務の環境は、「劣って、いる」と、解る。

補足
 故に、既に、数年前から、『全国家機関の広報課には、電話における、外線は、全て、記録が、行われる、環境を、整える、事』を、求めて、いた。
参考
 警視庁の広報課では、数年前に、漸くに、導入が、行われた。

 よって、『(あ)公務員の精神衛生管理、(い)公務における、品質の向上』を、目論む、観点から、「広報課の『電話』(利用者からの連絡)における、外線は、全て、記録(録音)が、行われる、事」を、求める。

関する、課題

要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 平成29(皇紀 2677;2017)年02月17日

(ご意見、ご要望が、有った、事を)解りました。

概要

 『電話で、外線からの問い合わせは、全て、記録(録音)を、行う、事』を、求める。

理由
 『(甲)いたずら電話の防止、(乙)職員による、不適当な聴取を、防止、(丙)職員の接遇における、品質の向上を、図る、目的』を、目論む。
詳細
 『(ア)職員が、日々の応対で、精神を、過剰に、害する、事の軽減を、主体に、(イ)職員の精神衛生管理』から、必要と、想える。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-14 (土) 16:48:52 (255d)