東京地方裁判所 AEDの位置と扱い

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-03-04 (土) 22:05:47
  • 段階、参照:

趣旨

 「東京地方裁判所の立川支部における職員は、『(甲)自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator(A E D))が設置された場所や、(乙)扱い』に付いて、把握されてない職員が多い」と、判断するに至っており、『数年前から忠告を行っている』が、「改まってない」と、感じられる。

 よって、再警告を行う。

関連する課題

  1. 最高裁判所 事務総局 人事局 調査課における機能の不全 - 日誌/進捗/平成29年度/21
  2. 国 自動車運転の免許における新たな検討 - 日誌/進捗/平成26年度/143
  3. 警察庁 AEDの取り扱い訓練に付いて - 日誌/進捗/平成25年度/264

簡易的調査

東京地方裁判所 立川支部 民事部 庶務第二課

(一)
 一階、六階、七階に有ります。

(ニ)
 随所に表示されており、誰かから聞いたり、教わった訳では,有りません。

  • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月02日

概要

(一)
 AED の位置を把握されているのかを明確にされたい。

(ニ)
 AED の位置は、誰に教わったのかを明確にされたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-18 (金) 23:28:55 (329d)