国 外国人の入植を規制

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-01-07 (土) 15:09:07
  • 段階、参照:

趣旨

 国内の倫理性を維持する関係から、年齢に関係なく、本邦の義務教育過程を経た者のみ、入植を許可する事を、国家に求める。

本課題の起案における理由
 現状の本邦では、移民の総数が、特定国からの移民が異常に増えている。
特定の国からの移民を人数で表す
 居住地を考慮せず、人数だけで見ると、「市町村自治を形成する数」にも該当する異国民が居る。
在日外国人の繁殖率が高い
 本邦の民よりも繁殖率が、比較的に高いように想われる。
Trojan horse のように
 現状の国民でも、憲法、法律を理解させる事が、不十分な国家が、更に在日外国人を導入する事で、将来に『(甲)一般的な犯罪の多発、(乙)政治、思想(宗教を含む)の工作、(丙)同胞を形成後、集団的行動を経て暴動化する事』が懸念(と、言うよりも予測される。;「予めに、予測されていた」とも判断)される。

関連する過去の事案

鑑査

傾向

宗教や思想を基礎とする工作

 国内の事情を観察する過程で、主に『(甲)政治、(乙)宗教(思想)、(丙)一般的労働(労働的隷従を主とする)』の三種が、確認を行える。

一般の民に知らされてない事 - 追記 平成29(皇紀 2677;2017)年07月31日

 政治や思想、宗教、それらに関連する企業の都合で、予めに入植、及び外国人労働者の受け入れ数が解っている状態に有るが、それを自治体が明確に行わない事が多い。

 また、『(ア)特定の企業が、多数の外国人労働者を受け入れ、(イ)その労働者を宗教や、人間関係上における集団を形成させ、その主権者を制する等で回収する』との戦略も見られる。

 更に、予めに相手国との交流を図った人脈を介する形式で、在日系(政治、宗教)の工作員が居るとも判断するに至っている。

在日系(政治、宗教)の工作員
 本邦の政治、宗教、指定暴力団など、あらゆる組織において、他国の民(人材)を、悪用(違憲)する事が有ると判断。
自覚の無い工作員
 外的な刺激などによる人格の操作に、当人が気が付かない場合、自己責任的な心情を抱くので、第三者の心理的操作が有っても、当人が自滅的に責任を負わされる(第三者の存在を、該当者が確認を行えないので、自己的責任と思い込み自滅する:自滅には、自殺が含まれる)。
暴力団、似非宗教団体でも悪用される
 『(あ)性風俗など人身の売買、(い)政治、文化に関連する工作』で、悪用される事が解っており、外にも主に違憲、違法な活動(工作)を展開されているが、全政治団体(主に、自民党系、公明党、民主党)の公認に値する黙認や、それらに関連する企業、及び宗教の関与により成り立っている(僕の判断では、本課題の主原因:その背景に、 Freemasonry が有る事を感知するに至ったが、数十年も前から仕込まれており、現在だと英国、米国の本陣による指揮を感じられず、引き継いだ日系 Freemasonry が倫理観の劣化を発生させている)と判断するに至っている。

事例 - 追記 平成29(皇紀 2677;2017)年07月31日

 例えば、神道、天皇制に反する国からの移民を増やせば、自然的に国内で関連する事件が増加する事が解る。

 また、それによって、国民による天皇制を保持する意識が強まる事も見込まれる。<文節の追記 平成29(皇紀 2677;2017)年08月02日>

警告
 なお、天皇制に反対する活動者達は、違憲(日本国の憲法に反する)に該当する。
補足
 国会において、『(あ)天皇制の継続性、(い)憲法の保持性』が、国民からの依頼に基づいて討論される事に付いても、厳密な論理的観点ならば、違憲に該当すると想える。
憲法を厳守する事への刷り込み
 公務員(天皇を含む)だと義務が課せられている(日本国 憲法 第九十九条)が、「国民に義務が課せられてない」と洗脳(教育を行う)法学者などが居るのも事実。
僕の調査
 僕が長年を経て行っている『公務員が、憲法を国民へと適切に説明が行えるか』の調査では、「裁判所、法務省の職員を含め、憲法の前文、第九十九条、並びに国家公務員法・第九十九条(地方公務員法・第三十三条)等を把握する人材は、居ない」と判断するに至っている。つまり、国家公務員でさえもが、憲法上の義務的違反(違憲)な状態にあり、それが一般化する状況で、「(ア)新たに入植する外国人の方が、本邦の憲法や法律への理解が有り、それに従事する傾向が有る状態では、(イ)一般の国民に、無条件で国籍を与えている国家の価値が無い」と、論理的な観点から、想える。参照 国 在日日本人の調査(平成29年度) - 日誌/進捗/平成29年度/16
追記
 本節に付いては、調査の開始と同時に、対策の戦略(主に、接遇を改善する事)が展開されており、現在だと、だいぶ良く成っている。
補足
 義務教育過程が重要視され、「年齢、性別を問わず、義務教育の再学習を可能とする事」も重要だと想える。参照 国 民による義務教育の再受講 - 日誌/進捗/平成29年度/164

移行的な、終了

理由

平成31(皇紀 2679;2019)年02月01日  現在

 本課題は、『国 外国人の入国(入植)を規制 - 日誌/進捗/平成30年度/18』へと、移行する為、終了。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-29 (月) 14:10:40 (8d)