民事 遺憾書の作成を検討

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 棄却、却下
  • 種別: 自由な研究/訴訟
  • 投稿日: 2017-03-27 (月) 15:42:31
  • 段階、参照:

趣旨

 判決後において、利用者(国民の一人)として、訴訟の始まりから終わりまでの鑑査における結果を兼ねて、相応の文面を作成する。

 なお、『(あ)訴えが認められた時時は、鑑査書、(い)敗訴の時は、遺憾書』と成る。

  1. 遺憾書
    1. 平成28年(ワ)第1956号 - 商取引の関連
    2. 平成28年(ワ)第1991号 - 簡易裁判所による送達の事務的事故
    3. 平成28年(ワ)第2095号 - 裁判官による職権の濫用
    4. 平成28年(ワ)第2120号 -  - 弁護士への損害賠償
      1. 平成28年(ワ)第2231号 -併合
    5. 平成28年(ワ)第2150号 - 裁判所職員による伝達の妨害など
    6. 平成28年(ワ)第2327号 - 裁判官による職権の濫用 そのニ
    7. 平成28年(ワ)第2381号 - 決闘罪に関する件
    8. 平成28年(ワ)第2502号 - 裁判官による職権の濫用 その三
    9. 平成28年(ワ)第2590号 - 裁判官による職権の濫用 その四
    10. 平成28年(ワ)第2660号 - 書記官による職権の濫用
    11. 平成28年(ワ)第2809号 - 書記官、裁判官による職権の濫用
    12. 他(複数)

却下

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年08月22日 現在

 多忙で、遺憾書の作成を、行う、程の余力が、無い。

 代わりに、可能な限り、『最高 裁判所 事務総局 人事局 調査課』へと、直接に、苦情の申立を、行って、いる。

苦情の申立
 令和02(皇紀 2680;2020)年08月22日 現在では、然程の効果が、無い。
対策
 『最高 裁判所 事務総局 人事局 調査課』を、対象に、提訴(令和元年(ワ)第1735号 最高裁判所 事務総局 人事局 調査課による、機能的不全)を、行って、いる。
訴訟の効果
 逆に、違憲、違法な工作が、増えたが、既に、『最高 裁判所 事務総局 人事局 調査課』の事件でも、民事で、提訴(令和元年(ワ)第3008号 最高裁判所からの不審な封筒)されて、いる、状態に、有る。

 よって、「(A)最高裁判所(国:国家)よる、工作と、暫定するに、至って、いる」、「(B)外、帰化人系公務員による、工作性を、疑うにも、至って、いる」(課題 国 帰化人系の公務員による、工作、等 - 日誌/進捗/令和02年度/148)が、「(C)僕の観点だと、『(B)』の誘発は、Freemasonry( MENSA を、含む)系の宗教、思想、等の集団が、『過剰に、在日外国人を、帰化させた、事が、原因』とも、想える」、「(D)更に、在日南北朝鮮系による、本邦の乗取り工作の展開が、有った、可能性を、疑うにも、至って、いる」(・・・と、想わせ、愛国心を、『図る、煽る、等』、本邦の工作性も、疑える)、程で、現在も、警戒中と、成って、いる。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-23 (日) 18:18:35 (147d)