防衛庁 自衛隊による殺傷の行為と、法律

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-03-30 (木) 22:47:53
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦が、他国から軍事的な脅威を受けた場合、その防御で自衛隊が行う殺傷の行為には、どのような法律で処理されるのかを確認する。

補足
 『行政に対する鑑査の活動』と自称する以前に、『(甲)自衛隊の海外派遣、(乙)自衛官による自殺(後に、自殺防止に関する法律の設定を促す報告を作成している)』の調査を行った事が有り、その序に聞いた記憶が有る。
広報課からの返答
 「自衛官が戦闘時に殺傷を行っても良い」と言う法律は、ありません。

関連する課題

簡易な調査

自衛隊法の確認

平成29(皇紀 2677;2017)年03月30日 現在

 過去の記憶に、基づいて、法律を、調べてみたが、『自衛隊法 第九十五条 から、第九十五条の三』に、定めが、有る、通りで、刑法が、適用されていた。

 改めて、口頭でも、確認を、行う、予定。

関連する、法規

自衛隊法(電子的政府

改正
 平成二八年五月二〇日 法律 第四四号

第九十五条(自衛隊の武器等の防護のための武器の使用)

 自衛官は、自衛隊の武器、弾薬、火薬、船舶、航空機、車両、有線電気通信設備、無線設備又は液体燃料(以下「武器等」という。)を職務上警護するに当たり、人又は武器等を防護するため必要であると認める相当の理由がある場合には、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度で武器を使用することができる。ただし、刑法第三十六条 又は第三十七条 に該当する場合のほか、人に危害を与えてはならない。

第九十五条の二(合衆国軍隊等の部隊の武器等の防護のための武器の使用)

 自衛官は、アメリカ合衆国の軍隊その他の外国の軍隊その他これに類する組織(次項において「合衆国軍隊等」という。)の部隊であつて自衛隊と連携して我が国の防衛に資する活動(共同訓練を含み、現に戦闘行為が行われている現場で行われるものを除く。)に現に従事しているものの武器等を職務上警護するに当たり、人又は武器等を防護するため必要であると認める相当の理由がある場合には、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度で武器を使用することができる。ただし、刑法第三十六条 又は第三十七条 に該当する場合のほか、人に危害を与えてはならない。

二項
 前項の警護は、合衆国軍隊等から要請があつた場合であつて、防衛大臣が必要と認めるときに限り、自衛官が行うものとする。

第九十五条の三(自衛隊の施設の警護のための武器の使用)

 自衛官は、本邦内にある自衛隊の施設であつて、自衛隊の武器等を保管し、収容し若しくは整備するための施設設備、営舎又は港湾若しくは飛行場に係る施設設備が所在するものを職務上警護するに当たり、当該職務を遂行するため又は自己若しくは他人を防護するため必要であると認める相当の理由がある場合には、当該施設内において、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度で武器を使用することができる。ただし、刑法第三十六条 又は第三十七条 に該当する場合のほか、人に危害を与えてはならない。

第九十六条(部内の秩序維持に専従する者の権限)

 自衛官のうち、部内の秩序維持の職務に専従する者は、政令で定めるところにより、次の各号に掲げる犯罪については、政令で定めるものを除き、刑事訴訟法 (昭和二十三年法律第百三十一号)の規定による司法警察職員として職務を行う。

一号
 自衛官並びに統合幕僚監部、陸上幕僚監部、海上幕僚監部、航空幕僚監部及び部隊等に所属する自衛官以外の隊員並びに学生、訓練招集に応じている予備自衛官及び即応予備自衛官並びに教育訓練招集に応じている予備自衛官補(以下この号において「自衛官等」という。)の犯した犯罪又は職務に従事中の自衛官等に対する犯罪その他自衛官等の職務に関し自衛官等以外の者の犯した犯罪
二号
 自衛隊の使用する船舶、庁舎、営舎その他の施設内における犯罪
三号
 自衛隊の所有し、又は使用する施設又は物に対する犯罪
二項
 前項の規定により司法警察職員として職務を行う自衛官のうち、三等陸曹、三等海曹又は三等空曹以上の者は司法警察員とし、その他の者は司法巡査とする。
三項
 警察官職務執行法第七条 の規定は、第一項の自衛官の職務の執行について準用する。

刑法(電子的政府

公布
 平成三十年七月十三日
改正
 平成三十年 法律 第七十二号

第三十六条(正当防衛)

 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。

二項
 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

第三十七条(緊急避難)

 自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない。ただし、その程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

二項
 前項の規定は、業務上特別の義務がある者には、適用しない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-28 (火) 03:45:55 (23d)