最高裁判所 職員の人事的異動

  • 頁名: 日誌/進捗/平成29年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2017-04-05 (水) 12:30:48
  • 段階、参照:

趣旨

 「一般的(民間)には、労働基準法、社内の内規、等で、制約が、有る」と、想われるが、「裁判所の職員に、限らず、国家公務員の異動に、規定が、有るのか」を、確認する。

関する、課題

確認、要望

最高裁判所 事務総局 広報課 報道係 - 平成29(皇紀 2677;2017)年04月05日

(一)
 (現状の)広報課では、『(甲)訴訟の手続き、(乙)Web Site で、公開が、行われて、いる、内容、等の説明を、行います』が、『(丙)法律、規律の説明を、行って、おりません。

(二)

概要

(一)
 「一般(民間)的には、人事の異動が、有る場合、当人に、相応な配慮(権利:異動の拒絶、条件付での異動、等)が、行われる」と、想われる。

 「裁判所の職員は、国家公務員の中でも、特別国家公務員に、該当する」が、その「裁判所の職員が、異動と、成る、時に、制約が、設けられて、いるのか」を、明確に、されたい。

(二)
 『(あ)既に、法律や規則で、定まって、いる、内容や、(い)官報、等に、掲載が、行われて、いる、内容(人事や規則、法改正の内容、等:最高裁判所や下級裁判所で、法律を定めて、無いが、各規則の設置を、行って、いる、部分が、有る)』に、付いては、「今後、広報課でも、説明を、行う、事」を、求める。

  1. 内規の存在
    1. 同意、
  2. 音声の録音
  3. 問い合わせ情報の扱い
    1. 問い合わせの事案を番号(と記号)で管理する
      1. 情報の統制(管理)
      2. 再問い合わせにおける事案の明確性
      3. 現状では、明確にされてない。 - 情報の処理的能力に欠ける職場の環境
    2. 即時に答えられない事案
      1. 後日に Website で返答 - 後に改めて問い合わせがあっても返答が可能。 - 公示送達の応用

関する、法規

裁判所職員定員法(電子的政府

裁判所職員臨時措置法(電子的政府

裁判所法(電子的政府

裁判所法施行法(電子的政府

裁判所法施行令(電子的政府


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-14 (土) 17:07:41 (263d)