国 住民票の登録を義務化

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-05-29 (火) 17:05:39
  • 段階、参照:

趣旨

 これまでに、『(甲)被生活保護に関連する各案件、(乙)学生などへの社会的保障、(丙)在日外国人の不法な滞在、及び犯罪の抑止』を兼ねて、住民票登録(転入、転出の届出)の義務化を、簡易的に要望を行っていた。

他の案件とは
 『(あ)共通番号制度、(い)宅地建物取引士の資格』に関する、課題等が該当する。
(あ)共通番号制度
 僕は、税務、国家資格証などの結びつけ等の関連から、共通番号制度の推奨を行っている。
(い)宅地建物取引士の資格
 宅地建物取引士の資格における関連などで、賃貸住宅の契約を行うときの条件など、各案件で連絡を行った時に、各機関へと序でに求めていた。
解説
 『(ア)賃貸の住宅、(イ)住宅の購入時』等における契約には、移転に伴う住民票登録の手続きが行われる事を前提とする。仮に、『住民票の移転における手続きが、指定期間内に行われない場合』には、賃貸、土地建物取引の契約を解約する事が行える。また、居住地の実態が無い場合には、住民票移転の手続きを、行政窓口(公務)側で、拒絶を行える。実質的には、『住民票が無い場合、賃貸、居住地売買の契約を解消する事』の仕組みと成る。

 本案件では、正式に課題の一つ(戦略性を有する)と言う観点で、展開を行う。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:53 (541d)