国 日本共産党に、解散の請求

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-06-02 (土) 11:37:59
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦には、公務員制度が有るので、それ以上の共産主義を必要とされてないと判断。

 また、昔から政治的活動においては、他者に脅威を与えていると評価される事が多い。

 更に、日本共産党と、他国の共産主義とは、別物と判断。

論理が先立ち、実態が無い
 理想論の先に、未来が有ると、立証された事実は、人類的歴史においても無い。
留意
 解散の請求では、「日本共産党が主張を行っている内容は、一般的にも、当たり前の事が多く、何ら特別な事でも無い」との部分と、逆に「共産的な意識(適度な平等性、社会保障性)は、広く一般に適度に広まっており、嘗ての社会党と同じ感覚で、自然的な消滅により、「十分に役割を果たすに至った」と、経済的に評価する。
自然的な消滅により、「十分に役割を果たすに至った」と、経済的に評価する。
 一般的には、理解され難いのかと想われるが、政治的な団体の役割は、経世済民的な観点では、「勝ち負けで、経済が成り立つ訳でもない」との点から評価される。逆に、「集団(同胞)を形勢する事で、それ以外の者を区別する事で生じる差別(不平等の原因)」と成っており、矛盾する。
卓上系の算段
 与党の脆弱性を、突く事により、逆に与党が強く成って行く。
結果的に与党を支援する団体
 結果的には、与党の成果を補助する団体と成っている。

関する、課題

似非な共産的主義

 当方の経世済民的な判断では、似非な共産的主義と判断する。

解説
 Freemasonry の母体に対する、適度な対抗を行う、Protestant(プロテスタント)的な活動を行っている程度で、Freemasonry の母体を繁栄させる為の活動の外では、活躍が無い。
補足
 僕の経世済民的活動では、『Lion(らいおん)の為に必要とされる餌食(ルビ)(牧民)を育てる』との分類で、共産党が牧民側に値する(Freemasonry の工作に陥っている状態)。
留意
 共産、共和の観点には、類似点が多いが、単純に『(A)仏教などの思想が母体と成るか、 (B)Freemasonry に Slave(従属) する宗教(Christianity(きりすと教)等)が母体と成る文化からの発祥か」で、どちらも Freemasonry を引き立てる思想に、違い無い。
表見上だと王制、王政に反対するように見られる。
 共産、社会的な主義の環境では、『最高責任者に書記長を設置する』との傾向に有る。
実際
 新規の王(権力者)が出現するに至ったと言う程度で、何ら王政と変わらない。
伝統的な血統を嫌う傾向にあっても、時が過ぎると
 結果的に、親子、親族による代々官僚が発生、それによる腐敗は、民主的主義よりも悪化する傾向に有るが、『相手の分化を、根底から排除する」(洗脳や、意識の操作)には、都合が良い思想』と成っている。
現状の中華人民共和国など、共産的、社会的主義、及び、それに属する民を観察すれば解る通り。
 実は、僕の判断だと、「本邦の指定暴力団、各国家の内部に発生する集団は、共産、共和的な観点が多く、その思想で過剰な争いを避ける傾向に有る」との判断をするに至っている。
本邦の文化では、『(A)貴族(血統)と、(B)豪族(成り上がり)』の違い。
 結果的に、『何だかの主義』と言う観点を想うより、「自分が有利に成るには、どうすれば良いか」だけの事。
Jehovah's Witnesses と同じ
 信仰の部分を除く、活動だけを観察すると、大差が無く、行動(言動を含む)の責任を、「(a)神の責任にするか(人的には、無責任に該当する:自らで責任を負わない)、(b)人が責任を負うのか」と言う違いの程度。
(a)神の責任にするか
 自らの行動は、『(壱)神の御意志、または、(弐)指導者からの指示に従う』との観点から、一般人と比べると倫理観が異常に低い。他宗教団体でも同じ。更に、『平和や平等、残虐な行為の反対(市販されている動物の肉を食べる割に、矛盾な主張をする傾向に有る:他人が調理で屠殺する事を避難する事も有るが、動物や魚などを、極普通に食べつつ、屠殺者を否定する傾向に有る)』と矛盾する。
差別
 行いが悪い人などを、軽蔑、差別する傾向に有る。
行動が類似する、もう一つの理由(疑い)
 近年の観察で、他思想からの工作員が、日本共産党における幹部の地位に、複数名が居る可能性を疑っている。
理由
 党の母体へ不利益と成る活動を行うが、それによる利益は、常に Freemasonry 側の利益と成っている。
中華人民共和国の文化史を学と、宗教の禁止が解る。
 「平和の為に必要とされる宗教が、後に平和の為に争う宗教へと変貌する」との事からも解る通り、「人は、平和の為に、争う性質が有るので、信仰を中心とする文化での平和は、永遠に無理。だからこそ、共産、共和を人が求める心理へと誘導されるが、人間の本質から、それも永遠に無理だと解り得ない愚かさが、問題視されている」と解る。また、「人と人(つまり人間)に限らず、人と他生物との共存性に欠けると、自然の環境における生態系を崩すに至り、文化が破滅する(事例的には、(あ)科学的公害、(い)過剰な森林伐採、(う)外の自然環境汚染、(え)他生物乱獲、(お)挙句の果てに、人間(人と人)による利益の強奪戦)との傾向に有り、主義に関係なく生じる。
童話でも語り継がれている
 中華人民共和国に限らず、どこの地域の文化でも生じている事情で有り、それらが逸話的に童話で語り継がれている傾向に有った(過去形:近年では、『(1)当人、関係者による暴露(本)、(2)第三者による真相の追求』の形式で、主に書籍や雑誌で取り上げられつつ世間を賑わすが、掲載者や雑誌社、出版社の利益に成っている事にも留意)。
西遊記などからも判る
 暴君などの精神病質者を、魔物や鬼に例え傾向にあり、西洋だと悪魔などに該当する。本邦でも、仏教で『天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道』と、一般人の性格を分類する形式で教え説くような形式と成っているが、『 Christianity では、単純に善か悪』で表現され、単純化されている事からも、「仏教や多神教の方が、高度で複雑に分析されていた事」も判るが、結果的に理解を『行える者、行えない者』との二種に分類すると、Christianity と同じく成る。
補足
 『二択の形式』は、単純で有りながら、重要な役割を果たす事が判っている。この文面を見ている、Personal Computer(パソコン)(PC)は、二進数から始まっている。外に、『男と女、Yes か NO、善と悪、光と闇(影と異なる*1)、有か無』等でも判る通り。そこで、神仏や精霊が『居るのか、居ないのか』で分けられつつ、各々の思想に基づく文化感の展開が生じる。っと言う事は、「1+1=2である」と同じような定義で、現状における40代以上の人達には、理解が行い難い世代(文化的な事情:義務教育時にPCが無かった世代*2

僕の判断(経世済民的な評価)

平成30(皇紀 2678;2018)年06月18日 現在

 「本邦において、真の共産主義者は、意外にも各公務員であり、その理由に『憲法を基礎に、各法規の厳守を行いながら、国家を形勢、維持する行為は、共産的である』が、それを一般人に理解させない状態が、変である」とも想える。

僕が公務員へ説明する時に使うのは
 日の丸を見れば判る通り、「周囲が(自由)で、中心が(共産的、共和的)」で、憲法の前文における趣旨の程度を基礎に、民へと公務の事情を、法に基づく観点で、教える事が行えなければ、公務が成り立たない」と、ここ十年ぐらいの間、説明を行っている。
法に基づく観点で、教える事が行えなければ、
 現状は、服従性(隷従)の体制が主と成るので、本邦が憲法の基に成り立っておらず、それが違憲な状態に有る事も判る。
それらによって生じる被害
 僕が公務員へと説明する方法の一つに、『分度器』を用いる事が有る。垂直なら直角(90度を起点に零)、一度(1度)ずれれば、距離が伸びる程に、零との差が広がって行くが、距離を時間、差を民の被害(損失)に例えたりする事で説明を行っている。

 なぜ、これらの記載を行い、公開するのかは、「盗用が得意な人達に、警告を兼ねている」のであり、既に、『ごきぶり』の撃退(市販の製品)で使われている方法*3が、偶然にも『鑑査を行う予定の有った政治団体構成員が市議会で、僕の起案(仕掛けた情報)と類似する内容を、利己(その議員の発案)的に取り上げた事』で、序でながらの監査が始まる事と成った。

 また、知性(学歴や知能)が高くても、違憲、違法などを行う精神病質者(精神病に該当する)では、国家が成り立たない事も判るのかと想われつつ、正当防衛的な排除が求められる状態に有る。

 よって、『日本共産党へは、解散を請求する事を想う』に至る。

 なお、「本邦の憲法や法律、条例に従い、各公務員を支援する限りでは、排除の対象とする理由も無い」が、本邦の民ならば(日本国 憲法に基づけば)当然の事で有り、集団を形成する理由も無く、それを妨害する集団が有るのであれば、「己れ一人であっても、自衛する義務が課せられている(日本国 憲法 前文)」のだから、相応の活動を行うのは、国民の『基礎的(宣誓に基づく)義務』であり、それに努める(つとめる)のが本邦の民とも解せつつ、その環境を仕掛ける形式を『lion(ライオン)を育てる為に必要な生贄(牧民)を作り出す環境』と、僕の経世済民的研究では、そう呼称するに至っており、それを解消する戦略*4も展開中と成る。

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府)

前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


*1 光が有って、影が作られる。闇には、光が無い。
*2 本邦では、既に小学生へ、『構文の作成(Programming)』が導入されると公言されている。
*3 毒餌を巣に持ち帰らせて、巣に居る全ての対称を殲滅させる方法。:本当は、僕が『情報の流れを観察する為に用る為の仕掛け』だった。
*4 自らでも、「Christianity で言う、牧羊犬のような振る舞い」と誤認、他者に例えで説明をする事も有るが、実質的には、牧民の解放(自由化)的活動に該当する。補足的に、中華人民共和国には、人民解放軍が有る。何から人民を開放するのかは、不明と成るが、客観的な矛盾性を感じるので有り、「中華人民共和国の先人が、自国の民へと仕掛けた、文明を賭けた仕掛け」とも想えつつ、事例的に、Freemasonry が世界各地の文化に仕掛けている文化的工作にも類似するので、やはり『lion(ライオン)を育てる為に必要な生贄(牧民)を作り出す環境』に該当すると評価するに至りつつ、「それが悪いと迄は、想ってない」のが、現状である。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:53 (724d)