国 放送税の設置

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-06-15 (金) 21:20:04
  • 段階、参照:

趣旨

 近年に、Internetを介する形式で、生放送を行う、一般人が増えている。

 また、一時期には、刑法、軽犯罪法などに合致する反社会的な活動を行う者が増えたが、警察側の取り締まり、及び後の(ある意味で自然な)社会的制裁により、抑制されているのが現状。

 新たに、『何だかの規制を設置するよりは、課税で抑制する方が、自由の制限を行わずに済む(日本国 憲法 第十二条の擁護)』と想われる。

 また、「配信における責任の所在を、課税を介する形式で、明確にする」との目的も有る。

 更に、「Internetの利用を資格化する必要が有るのか」も、だいぶ前から想っていたが、それ以前に課税の設置を行う方が、経世済民(経 済)的と想える。

 よって、放送税の設置を、国家へと求める事を検討する。

関する、課題


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:53 (541d)