立川市役所 管内における『空き家』の事情

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-06-19 (火) 15:15:36
  • 段階、参照:

趣旨

 既に、空き家に関する対策が、国家を中心に展開されているが、改めて所属する自治に付いての事情を確認する。

関する、課題

簡易的な調査

立川市役所

平成30(皇紀 2678;2018)年06月19日 現在

調査(確認、要望)

 立川市役所の調査によって、その情報を『他機関と共有する事を行っているのか』を確認する。

 また、「『修復、改築が不可能な空き家(廃屋)』を、『空き地(更地)』にする事への助成金に付いては、検討が有るのか」も確認する。

文面の作成

立川市役所からの返答

経過の観察

立川市役所(公式 Web Site

令和02(皇紀 2680;2020)年04月19日 現在

 『広報たちかわ』で、相続の関係から、生じる、空家、空地、等の講習会が、平成30(皇紀 2678;2018)年11月11日、等で、行われて、いる、事を、確認。

 また、立川市特定空家等の適正管理に関する条例立川市特定空家等の適正管理に関する条例施行規則の施行に、伴っての事で、他に、立川市空き地の管理の適正化に関する要綱立川市空家等対策計画検討委員会設置要綱立川市空家等対策計画庁内検討委員会設置要綱の設置(施行)も、行われて、いる。

 更に、Web site に、関連の頁が、有る、事も、確認。

関する、法規

立川市特定空家等の適正管理に関する条例(立川市役所 立川市例規類集)

附則 平成29年09月29日 条例 第29号
 この条例は、平成30年04月01日から施行する。

第1条(目的)

 この条例は、空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年法律第127号。以下「法」という。)に定めるもののほか、市内に所在する空家等及び特定空家等の適正な管理に関し必要な事項を定めることにより、事故、火災、犯罪等の発生を防止するとともに、市民の良好な生活環境の確保を図り、もって市民が安全で安心して生活することができる地域社会の実現に資することを目的とする。

第2条(定義)

 この条例で使用する用語の意義は、法で使用する用語の例による。

第3条(市の責務)

 市は、空家等の適正な管理に関する知識の普及及び意識の啓発に取り組むとともに、空家等に関する必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

第4条(所有者等の責務)

 空家等の所有者又は管理者(以下「所有者等」という。)は、当該空家等が特定空家等にならないよう、常に適正に維持管理しなければならない。

 所有者等は、当該空家等が特定空家等に該当するときは、自らの責任において、その状態を解消しなければならない。

第5条(所有者等への要請)

 法第9条に規定する調査により所有者等を確認したときは、当該所有者等に対し、当該空家等を適正に管理するように求めるとともに、法第12条に規定する情報の提供、助言その他必要な援助を行うものとする。

第6条(特定空家等認定審査会の設置)

 市長の諮問に応じ、特定空家等の適正管理に必要な事項を審査するため、立川市特定空家等認定審査会(以下「審査会」という。)を置く。

第7条(特定空家等の認定)

 市長は、法第9条に規定する調査を行った空家等が別に定める基準による特定空家等の要件に該当すると認めるときは、当該空家等を特定空家等と認定する。

 市長は、前項の規定により特定空家等の認定をするときは、あらかじめ審査会に諮問するものとする。

第8条(事前手続)

 市長は、法第14条第9項又は第10項の規定による措置を行おうとするときは、あらかじめ審査会に諮問するものとする。

第9条(応急措置)

 市長は、空家等の管理不全な状態に起因して、人の生命、身体又は財産に対する重大な被害を防ぐため緊急の必要があると認めるときは、当該空家等の所有者等の負担において、当該被害を防ぐため必要な最小限度の応急措置を講ずることができる。

 市長は、前項に規定する応急措置を講じたときは、当該空家等の所在地及び当該応急措置の内容を当該空家等の所有者等に通知しなければならない。ただし、所有者等又はその連絡先を確知することができないときは、告示するものとする。

第10条(委任)

 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

立川市特定空家等の適正管理に関する条例施行規則(立川市役所 立川市例規類集)

附則 平成30年04月01日 規則 第27号
 この規則は、公布の日から施行する。

第1条(趣旨)

 この規則は、空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年法律第127号。以下「法」という。)及び立川市特定空家等の適正管理に関する条例(平成29年立川市条例第29号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

第2条(立入調査の通知)

 法第9条第3項の規定による立入調査の通知は、空家等立入調査実施通知書(第1号様式)により行うものとする。

第3条(立入調査員証)

 法第9条第4項に規定する証明書は、空家等立入調査員証(第2号様式)とする。

第4条(助言又は指導)

 法第14条第1項に規定する助言又は指導は、特定空家等の適正管理に関する助言・指導書(第3号様式)により行うものとする。

第5条(勧告)

 法第14条第2項の規定による勧告は、特定空家等の適正管理に関する勧告書(第4号様式)により行うものとする。

第6条(事前の通知)

 法第14条第4項に規定する通知書は、特定空家等の適正管理に関する命令事前通知書(第5号様式)とする。

第7条(公開による意見の聴取)

 法第14条第5項の規定により公開による意見の聴取を請求しようとする者は、特定空家等の適正管理に関する公開による意見の聴取請求書(第6号様式)を提出しなければならない。

 法第14条第7項の規定による通知は、特定空家等の適正管理に関する公開による意見の聴取通知書(第7号様式)により行うものとする。

第8条(命令)

 法第14条第3項の規定による命令は、特定空家等の適正管理に関する命令書(第8号様式)により行うものとする。

第9条(標識の設置)

 法第14条第11項に規定する標識の設置は、特定空家等の適正管理に関する命令に係る標識(第9号様式)により行うものとする。

第10条(代執行)

 法第14条第9項の規定により代執行をなす場合において、行政代執行法(昭和23年法律第43号)第3条第1項の規定による戒告は、特定空家等の適正管理に関する戒告書(第10号様式)により行うものとする。

 行政代執行法第3条第2項に規定する代執行令書は、特定空家等の適正管理に関する代執行令書(第11号様式)とする。
 行政代執行法第4条に規定する証票は、特定空家等代執行責任者証(第12号様式)とする。

第11条(応急措置)

 条例第9条第2項の規定による応急措置の通知は、応急措置実施通知書(第13号様式)により行うものとする。

第12条(審査会の組織)

 条例第6条に規定する立川市特定空家等認定審査会(以下「審査会」という。)は、委員7人以内をもって組織する。

第13条(委員)

 審査会の委員は、次の各号に掲げる者につき、市長が委嘱し、又は指名する。

(1)
 建築、法務等に関する学識経験を有する者 3人以内
(2)
 自治会等の構成員 1人
(3)
 市の職員 3人以内
 委員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

第14条(会長及び副会長)

 審査会に会長及び副会長を置く。

 会長は、委員の互選により定め、副会長は、委員のうちから会長が指名する。
 会長は、審査会を代表し、会務を総理する。
 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

第15条(会議)

 審査会は、会長が招集する。

 審査会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開くことができない。
 審査会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。
 審査会の会議は、公開しない。

第16条(委員の報酬)

 審査会の委員の報酬は、立川市非常勤職員給与等支給条例(昭和36年立川市条例第2号)別表の規定により次の各号に掲げるとおりとする。

(1)
 会長(第13条第1項第3号に掲げる委員を除く。) 日額24,000円
(2)
 第13条第1項第1号に掲げる委員(前号に掲げる会長を除く。) 日額21,000円
(3)
 第13条第1項第2号に掲げる委員(第1号に掲げる会長を除く。) 日額10,800円

第17条(庶務)

 審査会の庶務は、市民生活部生活安全課において処理する。

第18条(その他)

 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

立川市空き地の管理の適正化に関する要綱(立川市役所 立川市例規類集)

附則 平成25年08月08日 要綱 第74号
 この要綱は、平成25年08月08日から、施行する。

第1条(目的)

 この要綱は、空き地の管理の適正化を図ることにより、生活環境の保全及び市民生活の安全を図ることを目的とする。

第2条(定義)

 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1)
 空き地 現に人が使用していない土地をいう。
(2)
 雑草等 雑草、枯れ草又はかん木をいう。
(3)
 所有者等 空き地の所有者、占有者又は管理者をいう。
(4)
 不良状態 雑草等が繁茂したまま放置されているため、良好な生活環境が著しく損なわれ、犯罪、火災等の発生の危険がある状態をいう。

第3条(所有者等の責務)

 空き地の所有者等は、当該空き地が不良状態にならないよう適正に処理しなければならない。

第4条(指導助言)

 市長は、空き地が不良状態にあると認めるときは、当該空き地の所有者等に対し必要な措置を講ずるよう指導又は助言をすることができる。

第5条(実施業者のあっせん)

 市長は、空き地を適正に管理できない所有者等の依頼により、当該所有者等に対し雑草等の除去を実施する業者のあっせんを行うことができる。

第6条

 この要綱の施行について必要な事項は、環境下水道部長が別に定める。

立川市空家等対策計画検討委員会設置要綱(立川市役所 立川市例規類集)

附則 令和元年7月11日 要綱 第14号
 この要綱は、令和元年7月11日から施行する。

第1条(設置)

 空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年法律第127号)第6条に規定する空家等対策計画(以下「空家等対策計画」という。)の策定に当たり、総合的な観点から検討するため、立川市空家等対策計画検討委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

第2条(所掌事項)

 委員会は、次の各号に掲げる事項を処理する。

(1)
 空家等対策計画の検討に関すること。
(2)
 その他必要な事項に関すること。

第3条(委員)

 委員会は、次の各号に掲げる者から市長が委嘱する委員10人程度をもって組織する。

(1)
 公募市民
(2)
 学識経験を有する者
(3)
 関係団体等が推薦する者
(4)
 その他市長が認める者
 委員の任期は、委嘱の日から前条に規定する所掌事項が終了するまでとする。

第4条(委員長等)

 委員会に委員長及び副委員長を置き、委員の互選によって定める。

 委員長は、委員会を代表し、会務を総理する。
 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

第5条(会議)

 委員会は、委員長が招集する。

 委員会は、委員の定数の過半数の者が出席しなければ、会議を開くことができない。
 委員会は、必要があると認めたときは、委員以外の者に出席を求め、意見を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

第6条(謝礼)

 委員には、予算の範囲内で謝礼を支払うものとする。

第7条(報告)

 委員長は、委員会で検討した空家等対策計画についての意見をとりまとめ、市長に報告するものとする。

第8条(庶務)

 委員会の庶務は、市民生活部住宅課において処理する。

第9条(委任)

 この要綱の施行について必要な事項は、市民生活部長が別に定める。

立川市空家等対策計画庁内検討委員会設置要綱(立川市役所 立川市例規類集)

附則 令和元年7月11日 要綱 第15号
 この要綱は、令和元年7月11日から、施行する。

第1条(目的)

 空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年法律第127号)第6条に規定する空家等対策計画(以下「空家等対策計画」という。)を策定するため、立川市空家等対策計画庁内検討委員会(以下「検討委員会」という。)を設置する。

第2条(所掌事項)

 検討委員会は、次の各号に掲げる事項を処理する。

(1)
 空家等対策計画の策定に関すること。
(2)
 その他必要な事項に関すること。

第3条(委員)

 検討委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織する。

 委員長は、市民生活部長を、副委員長は、環境下水道部長を充てる。
 委員は、別表に定める職員を充てる。

第4条(委員長等)

 委員長は、検討委員会を代表し、会務を総理する。

 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

第5条(会議)

 検討委員会は、委員長が招集する。

 検討委員会は、委員の定数の過半数の者が出席しなければ、会議を開くことができない。

第6条(専門部会)

 検討委員会は、必要に応じて、委員長が指示した専門事項を検討するため、専門部会を設置することができる。

 専門部会に関する事項については、別に定める。

第7条(関係職員の出席等)

 検討委員会及び専門部会は、必要があると認めたときは、関係職員に出席を求め、説明を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

第8条(庶務)

 検討委員会及び専門部会の庶務は、市民生活部住宅課において処理する。

第9条(委任)

 この要綱の施行について必要な事項は、市民生活部長が別に定める。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-19 (日) 16:32:33 (48d)