国 不法、刑事に伴う、在日特権の剥奪

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-06-21 (木) 19:34:00
  • 段階、参照:

趣旨

 過去の2案件に伴う、長期的な観察から、『(あ)良い在日も居れば、(い)悪い在日も居る』と判断でき、(あ)の特権を剥奪する理由は、無い。

 また、(い)の場合であっても、『(A)当人(親)、(B)子孫(子)』に分けられ、(B)を産み(作り)ながらも、その親の責任を果たせて無い者も多いと判断(それによる刑事も多発:例えば、本邦の民に対する義務的教育への参加を拒絶など、それに伴う犯罪への着手)。

 更に、親が本邦に公益的な活動者でも、その子供が不良と成れば、経世済民性の観点からも、良い状態と判断できず、(B)に特権を与える理由が無く成る。

日本国の民と言う立場で判断する、本邦の事情
 本邦の国籍を有する家庭でも、子供(子孫)が不良化する事は、当然に生じるのであり、それとの比較も重要視される。
本邦の民における不良と、外国人の不良
 一般の国民でも生じる『(a)子供、(b)親』の不良化における扱いは、問題視されており、『一般的には、関わらない事』と、警察官などの公務員でも、そう教育される。また僕の観察では、「適度な関わりが有った方が、公共の関係を図るには、都合が良い」と判断するに至っており、逆に「過剰な排他を行う事で、人間的関係が悪化する事も有る」とも想える。よって、適度な健全性を維持する人間的関係を保つ事(適度な人間関係的な距離を保つ事など)が、求められる。つまり、外国人に限った事でも無く、他者と人間的関係の健全性が求められる。
在日の特権
 Wikipedia(在日特権)には、色々な事が記載されているが、法を基準に考える必要が有る。
重要視されるのは、永住権
 まず、本邦に永住する理由が問われる。
違憲、違法な行為が目的での永住
 例えば、天皇制に反対する(違憲)など、本邦の憲法に反する主張を行う目的で、本邦に在住する事は、認め難い。
在日の子孫が世間的な事情から、自然に不良化
 僕の判断では、「在日外国人の子孫は、将来に不良化する事が、予めに想定(考慮)されていた」と判断するに至っており、それにおける各宗教や政治、及び思想など(外国人の移民を推奨する政治、及び宗教、思想の団体)への憎悪感は、大きい。
不良な民を更生させるか、排除するのか
 一般的に、「人の外では、あらゆる生物が過剰に増えたと、人が判断する場合、粛正的に排除され、逆に少なければ擁護される」のが、人類の習性に成っている。
在日(日本に居る外国人)と言う立場に、劣等感を感じる場合
 逆に、「日本で生活を行わなければ、どうなのか」と言う、発想が重要視される。つまり、『(壱)母国へと帰国する、(弐)他国へと移住する』の選択肢が有ると想えつつも、それへの発想(及び能力:海外で暮らす能力、及び気持ち)に欠ける場合には、「在日外国人で居る事への劣等感から、解放されない」のとかとも想えつつ、その最終的な『在日外国人で居る事への劣等感』が原因で、不良化する問題は、自縄自縛(じじょうじばく)型の自己的暗示と成って、精神を蝕む事と成るとも想える。また、『自縄自縛型の自己的暗示(自己に不利益な、強い思い込み)』は、在日外国人と関係が無く、特定の生活環境に陥れば、誰でもが精神的病に陥る可能性が有って、近年だと『無差別殺人』で見られつつ、うつ病などの原因に成り、危険(選択肢的には、『他人を殺傷するか、自ら殺傷するか』と心理的な誘導が行われる、工作の活動でも用いられていると判断)で、あらゆる宗教や思想でも悪用されている。
在日外国人は、なぜ必要か - 平成30(皇紀 2678;2018)年06月22日
 働き手が足りないのでわなく、『隷従者を増やす事が目的』(違憲:憲法 前文の趣旨に反する)と判断。
特定の地域
 いわく付きの地域を、浄化するような目的で導入されている場所も有るのかと想われ、その背景に宗教や思想が有るとも判断。
通名と容疑者の報道 - 平成30(皇紀 2678;2018)年06月22日
 放送、及び報道に付いては、西洋的思想を重視する傾向に有るが、容疑者が在日外国人で『通名』が有る場合には、本名を公開せず、『通名か、外国人』と報道される事が多い。
なぜ、『通名』で報道を行うのか
 報道の機関による都合とされているが、近年だと、不実を含めて、本名の暴露が、Internet 上で行われている傾向に有る。
客観的な誤認
 『通名』で事件が報道されれば、本邦の民に限らず、他国の民であっても、それが日本人だと誤解する傾向に有る。

関する、課題

関する、法規

日本国 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:53 (535d)