経済 似非民主義者による工作

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-01-12 (金) 17:49:20
  • 段階、参照:

趣旨

 民主主義と称するが、その実態は、(主に、宗教を介する形式を用いた)隷従的で、共産、共和主義者と同じく、代表者の主張に、構成員が従う形式と成る。

留意 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年07月14日
 似非民主主義の背景には、Freemasonry の構成員による関与を感じられるが、Freemasonry の三原則(今時代では、五原則に成っているようである)からも逸脱する活動が多く、その品位も低く成っている。
注意
 僕的には、憲法、法律を支持するので、主義に拘らないが、「本邦では、『公務員制度が有る』ので、それの外に『過剰な共産・共和の主義』は、必要とされて無い」と、判断。また、他国における共産、共和の主義を否定する観点は、無い(他国の内政には、違憲と成らない限り、干渉を行わない)。

 世界の各国では、暴動を発生させる原因と成っている。

観察

平成30(皇紀 2678;2018)年10月27日

簡易的な調査

平成30(皇紀 2678;2018)年12月07日

簡易的な調査

 Français(フランス人) に関連する事件(脱税)が生じてるが、本土République française(フランス 共和国)では、大規模な紛争が生じている。

 これは、故意に「共和主義者が、民主主義者の集団に、暴動を発生させている(政治的な観点での追い込みが、行われた)」と、判断。

+  YouTube

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府

前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:53 (535d)