法務省 出入国審査の向上

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-07-06 (金) 14:08:21
  • 段階、参照:

趣旨

 出入国審査の改善を、目論む。

  1. 人口的知能
    • 人口的知能を用い、無人化する事で、公務側の負担と、出入国審査側の負担を、大幅に減少させる。

関する、課題

簡易的な調査

入国の審査における苦悩を、簡易的に体験(体感)

 本邦において、出入国を行う時に行われる審査を、簡易(仮想)的に体感を行い、その苦悩を確認する。

 また、可能ならば、審査の効率化を図る事を想いつつ、提案(要望)を行う事も検討する。

補足 「指紋の採取は、必要か」
 近年では、整形の技術が高度化するに至っており、その観点で、当人を特定するのには、重要視される(例えば、海外で整形の手術を行った場合、旅券( Passport(パスポート) )の写真と、当人の顔が合わない事も生じる)。 
更なる防御
 『(あ)網膜、(い)遺伝子(DNA)』も必要なのかと想われつつ、『(う)出国する本邦の民にも必要』と想える。また、既に有る『(う)指紋の採取』は、外国人に限らず、出国する本邦の民にも必要と想える。更に、今時代だと『(え)電子集積回路(Integrated Circuit)を体内に入れる』との発想も有る。

(あ)網膜 -  追記 平成30(皇紀 2678;2018)年07月03日

 採取を行った情報は、『旅券( Passport(パスポート) )へ電子的に保管され(外に旅券の発行を行った機関:つまり、情報的には、『(甲)出国、(乙)入国、(丙)旅券』の三ヶ所で管理、照合が行われる事を理想とする。

(い)遺伝子(DNA) - 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年07月03日

 『(ア)髪の毛、(イ)唾液、(ウ)採血』等が考えられる。(ウ)の場合では、「看護士か医者の資格を必要とする」が、病気(感染病など)を、早期に発見する事も期待する事が可能で、既に本邦での献血の時に使われている程度の検査。

(う)指紋の採取 - 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年07月03日

 一時期に、「在日外国仁だけに課するのは、差別だ」との観点で、世間的な話題に成っていたが、「出国時における本邦の民にも、指紋の採取を義務化する」と言う事で、平等性が図れる。また近年では、PC系、携帯電話等の電子的機器でも、指紋認証が使われている。

(え)電子集積回路(Integrated Circuit(I C)) - 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年07月03日

 現在では、「体内に入れる事が、適切だとも限らない」が、「旅券側に付けるか、体内に入れるか」と言う程度で、仮に旅券側に設置するならば、「自動車運転免許で使われている、電子集積回路の程度で、十分だ」と、想える。

(お)声紋 - 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年07月06日

 声紋の情報を、電子的に解析、及び蓄積。

(か)人工的知能(Artificial Intelligence(A I)) - 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年07月06日

留意
 同日 平成30(皇紀 2678;2018)年07月06日 に行った調査で、行政側での着手を確認)。

 人工的知能を導入する事で、(あ)~(お)の作業を簡略化。また、書類の審査も、画像的審査が可能と想える。

書類の審査
 画像の比較的確認と、電子的記録の収集を同時に行える。現在では、ATM等でも、使われている。各種の書類を、『選別、比較、記録』が行える。特に、『外国別の旅券や各書類の書類』や、多言語の判断 に付いては、効果を発揮すると想える。

現状の出入国審査 - Internet 上からの確認

 『(ア)現状と、(イ)更なる簡略化が可能な部分』を、確認する。

平成30(皇紀 2678;2018)年07月06日 現在

結果
 既に、前出の(か)に付いては、行政側で着手が有ると判断。

傾向の観察

報道

平成30(皇紀 2678;2018)年09月07日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-28 (月) 23:44:37 (27d)