国 問題、事件、事故などの原因と防止の手順

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-07-07 (土) 13:18:41
  • 段階、参照:

趣旨

 『(甲)特性要因図、(乙)流れ図、(丙)再発の防止策』を用いて、公務の負担を軽減する事を試みるよう、推奨を行う。

 特に、司法(事件、事故)に付いては、『(A)事件の発生から、(Z)処理』の間を、明確にする必要が有る。更に、(A)の前には、『(α)動機、(β)過失』を明確にする必要も有る。

平等性の保持
 原告、被告、裁判所とも、憲法や法律に基づいて、平等性が図られる必要が有る。
卑劣な不平等
 知識の有る者は、それを明かさず、自らが都合の好いように、知識を使う。それを特権と想う公務員が居る限り、Freemasonry であっても、平等性など図れない。
全種公務員の役割
 憲法の前文、及び全文に記載の有る通り、その原則を護る義務が課せられているが、その自覚を有する公務員が異常に少なく、憲法すらも健忘する状態。その主たる原因は、『(弌)憲法の論理と、自らの公務が結びついておらず、(弐)更に不条理な上司からの命令に従う事を強いられる(憲法 前文 第二段落目の趣旨に反する*1:隷従)、(参)当然に、前出の(弌)、(弐)の関係から、憲法を擁護するに至ってない。

関する、課題


*1 倫理的にも、違憲、違法な指揮、命令に迄、従う理由は、無い。:違憲、違法の指摘による、上司、及び指揮命令者(が関係する組織)からの攻撃に付いて、自衛を行える能力が無い事も、無能に該当する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:53 (538d)