経済 不良在日韓国人との敵対を検討

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-07-08 (日) 21:54:01
  • 段階、参照:

趣旨

留意
 本件の不良在日韓国人とは、平成の以前から代々に(昭和の移民一世から、二世以降で)、本邦内で違憲、違法、不倫を働く、在日韓国人を意味する。
補足
 母国の文化感とも異なりつつ、本邦の文化を、独自の文化で侵食する輩を意味する。
注意
 母国側の文化感でも異質とされる思想、宗教が基礎と成っており、本邦の国内では、大韓民国への嫌悪感を抱かせる主原因に成っているが、その背景に、本邦の Public 系 Freemasonry の思惑が有ると判断、その脅威に基づいて敵対を検討する。なお、本邦の憲法、法律や倫理性に、習う在日韓国人を除く。つまり、Jehovah's Witnesses、世界平和統一家庭連合などは、違憲な活動を行う集団と判断、外に同じ類で、仏教系も色々と有る事が解っている。

関連する、課題


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:53 (532d)