国 在日外国人による工作活動の容認に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-07-08 (日) 22:44:07
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦の国内において、他国の人材を用いた工作の活動を、八王子市役所の管内で居住を行っている時から把握を行っており、立川市役所の管内では、南北朝鮮系、台湾、上海の系列と想われる、工作的(主に行動心理的)な活動を確認。

 もともと、それらを容認する本邦の仕組みを、長年に疑問に想っていたが、結果的に、本邦側で故意に、在日外国人を取り込み、後に宗教へと誘導、「(A)国民の愛国心を煽ったり、(B)国民に外国人への違和感を抱かせ、安易に民の個々による外交を行わせないようにする事」の政治的工作が目的だったと判断。

 更に、皇室の観察からも、異常に西洋的な思想を贔屓する傾向に有る事を不審に想いつつ、日本国の民、その一人と言う観点から違和感を抱いていたが、長年の観察から、皇室の人員における性格が、伝統を想えば、明治から異常に感じられ、それらが Freemasonry の影響とも想えつつも、本邦が軍国化するに至った背景にも関係すると判断、それらに改まりが有るのかを、現在も観察するに至っている。

留意
 逆に、共産、社会などの主義を主張する似非な思想に付いては、否定するまでも無く、自然に自滅すると判断。相応の人類的観点での努力を認めても、無駄な人口の増加、精神病質性の高さ等からも解る通り、世界中で脅威と成っている。

簡易的な調査

諜報の活動を擬似的に体験

 仮想的に、諜報の活動を体験する。

 また、それによって工作の手口などを確認する。

  • 開始 - 平成30(皇紀 2678;2018)年07月08日

各種の手口に付いて

精神に害を与える方法

 本節の内容には、「残念ながら、本邦の民(公務員を含む)による工作でも使われている」と判断するに至っている。

注意
 被害届は、基本的に警察側で受付ないよう、粉砕される傾向に有る。
留意
 それ以前に、警察への信用を欠如させる工作が展開される事も解っている。
理由 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年07月12日
 長年の観察では、『宗教、思想の集団へと加担させる工作(違憲:日本国 憲法 第十三条)』と判断。更に、各団体では、「(A)人材を捕獲する為、(B)現状の本邦は、集団の集合体により、隷従の維持を行っている為、『(A)』を黙認する傾向に有る」と判断。
警告 追記 平成30(皇紀 2678;2018)年07月12日
 本邦では、「すべて国民は、法の下に平等(日本国 憲法 第十四条)」であって、法や思想の下では、平等性が保障されておらず、自由(日本国 憲法 第十二条)により、『(あ)憲法が、国民に保障する自由及び権利、(い)国民は、これを濫用してはならない』との定めも有る事から、外国人にまで自由の保障を認めて無い
補足
 注意、留意に付いて該当する地域は、基本的に自治的な権力を有するのは、指定暴力団が基礎となっており、それに各議員が癒着する形式に有る事が多い。また、『議員と、暴力団幹部も、幼なじみ』等、「地元の人員で構成された自治に多く見られ、特に在日系の自治では、帰化後に公務員と成りつつ、工作的に在日優位性の展開を行う者も居ると想われるが、今時代だと更に宗教の団体を介する形式で展開されている為、工作の目的における意図が解り難く成っているのかと想われる。
宗教、思想の団体を介する形式で展開されている為
 この形式は、近年だと基本的な戦略とされ、追跡を免れる為に用いられる傾向に有る。
追跡を困難にさせる方法
 『防壁』と言う感じで、二重、三重に、経路の分岐点が設けられている事が多い。
一般的な、人の習性
 一般的には、『防壁の第二、第三で諦める』との傾向に有り、それのら観点は、事件、事故の追求でも、調査者が相応な教育を受けてない場合、生じる人の心理的な判断。
異例
 逆に、防壁を突破する事に拘る者も居り、PC 等では、『 Hacker 』*1と呼ばれつつ、他の類では、本邦の文化だとに『精通(せいつう)者』と呼ばれる、文化的観点が有る。

身辺調査

 特定の標的における人間的関係を、全て調べる。

全て調べる
 基本的には、人と言う存在において、その習性(性格、癖、反射的行動など)を、全て収集する。

関する、法規

日本国 憲法

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。 第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第十四条

 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

二項
 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
三項
 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

*1 悪意が無く、自己が所有する PC 内での研究に限られ、他者の PC に侵入する事までもを、『優れた技能』と評価される事は、倫理的に無いが、これも人の習性で、犯罪であっても高度な技能に、好い評価を行う性格、及び反射的反応を示す心理も、人に備わっているが故に、犯罪者を聖者化する輩も居る。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:54 (541d)