経済 日本共産党(員)との交流は、行わない

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-01-12 (金) 17:51:40
  • 段階、参照:

趣旨

 Freemasonry との敵対を、検討する関係から、中立性を、維持する為に、日本共産党とは、交流を、行わない。

共産党
 『(A)本邦の国内における共産党系と、(B)国外』とで区別され、他国の主義へと、過剰に、干渉する観点は、無ない。本件の課題では、(A)が、対象と、成る。
(A)本邦の国内における共産党系
 (A)も、『(a)日本共産党系、(b)指定暴力団系( Terrorism(テロリズム)、及び Terrorist (テロリスト) )』に、分類される。
(B)国外
 共産的主義の思想は、国外でも、存在の確認を、行えるが、それを、『過剰に、否定する理由は、無い』(内政不干渉)が、本邦に、取り入れる観点も、無い。
解説
 天皇制の否定など、日本国の憲法に、基づかない思想を、国家(国民:本邦)が、文化的に、受け入れる理由は、無い。

調査、鑑査の開始

 『(A)宗教法人法の違憲性、(B)違憲な各宗教団体の排除』の『調査、鑑査』を、行うので、中立性の維持から、日本共産党(構成員を、含む)との交流は、本件の行わない。

着手する課題

令和元(皇紀 2679;2019)年05月16日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-17 (金) 23:34:13 (379d)