立川市役所 新規、住民情報 System (共同の利用)に付いて

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-07-09 (月) 15:53:29
  • 段階、参照:

趣旨

 広報たちかわ 平成30(皇紀 2678;2018)年03月10日 四面にて、『住民情報システム共同利用に関する協定を締結しました』との記載が有り、内容の確認を行ったが、『(あ)不明確な点、(い)不適切な表現』を検知。

 よって、(あ)の確認を行い、(い)の評価を伝える。

調査(確認)

文面の作成

立川市役所からの返答

結果

平成30(皇紀 2678;2018)年07月28日

 理想論の確認を行えたが、実質的な費用等に付いては、不明確*1だった。

 現状での追求は、「長年の経験から、立川市役所の自治的性格は、現状のような感じで、改まる事も無い」ので、断念する。

 後に、別観点からの問題を確認するに至った時は、その都度に鑑査を行う。


*1 「二割の削減を目指す」と返答されているが、『(A)基本額が不明、(B)「目指す」との指針』なので、信憑性に欠ける。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:54 (538d)