経済 Public Freemasonry 、及び関連する宗教、政治、思想の集団と、敵対を検討

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-07-13 (金) 15:26:22
  • 段階、参照:

趣旨

 宗教、思想等の団体を、介する形式で、『不自由、不平等、迫害』を、促進するような活動を、行っていると、想える部分が、色々な分野で、確認を、行えている。

本邦での『自由、平等、博愛』とは、
 「基本的に、憲法で、定められている通りと、成る」が、その観点を、阻害する宗教、思想の活動が、多い。
自由
 日本国 憲法 第十二条の通り。
平等
 日本国 憲法 第十四条の通り。
博愛
 日本国 憲法 第二十三条の通り。
Public Freemasonry
 『王族、貴族』の系列と、異なる組織で、一般者が、成れ、主に、共和制(近年では、共産系とも協調的;以前は、共産主義と、敵対)を、求める思想の集団。捨て駒に、よく使われており、近年だと協力者を、捨て駒に(育て、利益の回収後、処分)する傾向に、有る。
Freemasonry の構成
 今時代だと、一般的に、広く Internet を、介する形式で、暴露されているので、各々で、調査されたい。
+  YouTube

 なお、本課題の主たる、目的は、『(甲)国』、『(乙)東京都』、『(丙)市町村の自治』へ、『東京都の管轄内に、在る、施設の排除(撤去、等)を、請求』と、成る。

対象の集団

宗教と政治
 義務的教育で、政教の分離を、刷り込みながら、展開。

関する、課題

関する、法規

日本国 憲法

第十二条

 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ

第十四条

 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

二項
 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。
三項
 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

第二十三条

 学問の自由は、これを保障する


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-23 (金) 03:13:10 (42d)