経済 国内における Fake Christianity を排除

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-07-16 (月) 16:28:44
  • 段階、参照:

趣旨

 まず、教皇( Pāpa(パパ) )に、陳謝の意を表する。

詫び言(わびごと)
 本邦の国内において、 Fake Christianity を育て、周辺の諸国へと、「特定の文化を侵食する目的で、(天然)工作的に展開されていた」と、日本国の民、その一人と言う立場で、だいぶ前から認識。皇室を含む、本邦の『あざとさ』に、恥じ入っており、時期を見計らって、それらの対処を適切に行う必要性が有るとも判断。本日を持って、正式に自らの意志を宣言するに至る。
既に、仕込みが完了
 後は、自然に展開されるのかと想われるが、相応の微調整が必要と成る。
相互的工作活動
 「国籍の概念を有さず、無国籍的な概念こそが、正義である」( Anarchism(アナーキズム) )の観点で展開され、実際の効果は、「各国の民における愛国心を煽るのが、真の目的」と成っている。その背景には、「残念ながら Freemasonry が基礎と成っている」とも判断。また、各地で在日外国人を使った工作に付いては、「当人達も、自覚が無い」との特徴が有り、「催眠的な効果が用いられている」とも判断。工作の手順は、『(A)初期に、Freemasonry が日系の工作員を作り、、(B)次に、日系を使って在日系工作員を育て、(C)それを一母国へと戻らせつつ、母国側で改めて工作員を増殖させ、(D)更に、好戦的な性格を有する者へは、他国での戦略に参加を促す』との傾向が有ったと想われ、戦後から平成の以降では、仏教系が頻繁に用いられている傾向にも有る。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:54 (535d)