国 刑務所の運用

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-07-27 (金) 20:20:49
  • 段階、参照:

趣旨

 民間の企業(主に、宗教や政治の団体における配下と成る、営利的企業)が、独占的に利益を得ているのかと想える。

 また、再犯の問題を含め、運営の改善に付いての再検討を求める。

 更に、在日外国人(永住権を有する者を含む)に付いては、『入国権(永住権、何だかの特権を含む)の剥奪(はくだつ)』を求める。

 なお、『日本人(帰化人を含む)でも、国民権の剥奪を行う事』を求める。

関する、課題

簡易的な調査

刑務所の運用を、仮想的に体験

調査

  • 開始
    • 平成30(皇紀 2678;2018)年08月13日

中間的な結果 - 平成30(皇紀 2678;2018)年09月26日 現在

  • 囚人の高齢化
    • [問題点] - 公(国庫)的な負担が、増える。
      • 高齢化福祉 - 健康の管理
      • 老化に伴う、疾患 - 医療
      • 出所後の生活 - 老化に伴う、『(A)就業難、(B)生活を維持する事の困難』など。
    • [留意点]
      • 出所後の生活 - 『老人を受入れる施設の(社会的)充実』により、『再犯の回避*1が、可能と成るのか。参考 『老人ホーム(Wikipedia)』。
  • 再犯率
    • [問題点] - 更生(更正)の教育
      • 薬物乱用者
      • 精神病質性の中和
    • [改善の焦点]
      • 精神病質性の中和 - 「『精神病質的な発想を、善用に転化する事と、それによる利益性』を、把握させる事で、中和が可能」と、想える。
  • 食事
    • [鑑査:評価]
      • 特に、問題が有るとは、思えない。
  • 娯楽
    • [鑑査:評価]
      • 特に、問題が有るとは、思えない。
  • 脱獄(逃亡)
  • 精神的な疾患
    • 各種の精神病
      • (甲) 『いじめ、虐待、排他』など、入所後の人間的関係が、起因の例。
      • (乙) 加害による罪の償い心が、起因の例。
      • (丙) 刑務所での生活的環境へ、順応(じゅんのう)が行えず、更に不適応(ふてきおう) - 集団的生活が、行えない等の性格(薬物の乱用による、精神的な疾患者を除く:普通の個性的な性格)
    • [鑑査:評価]
      • (甲) - (丙)が、原因と成っている可能性が有る事に、留意。
      • (乙) - 自損の防止に、『(弌)宗教、(弍)趣味を有する事』等が、用いられるが、「適度な戒め的な苦心は、必要」とも想えつつ、『(一)Stanford prison experiment(Wikipwdia)、(二)Milgram experiment(Wikipedia)』の事例(実験:研究の結果)に伴い、「刑務官による、過度な戒めが、生じる可能性(危険性)」も、有る。
      • (丙) - 主に、『(1)対話、(2)薬物』の療法が、患者に用いられると想われるが、『(3)患者の心情を、制御する程度の事』で、『(4)生活の環境が変わらない、(5)患者の性格が変わらないとの状態』では、(1)、(2)が繰り返され、『(6)患者にとって、更なる苦痛』と成り、療養(りょうよう)の見込みも無く、最悪の状態では、『(7)自殺などの自損を、生じさせるに至る』との状況に陥る。よって、「(8)先んずるは、『患者の心身を、健全的に保持する環境を、確保(提供)する事』が、重要視され、次いで(1)、(2)、及び(3)の状態を観察、良好の結果から、(4)、(5)の適応性を、観察(評価)する事で、(6)、(7)を回避、(8)で保護する方法が、好い」と、想える。

中間的な結果 そのニ - 平成30(皇紀 2678;2018)年11月21日

 心理的な制御を要する人格に付いては、危険な部分を無力化する必要が有る。

 また、代替え的な対処で、徐々に更生する方法が、有効と想える。

代替え的な対処で、徐々に更生する方法
 欲求の制御には、脳の構造を知る必要が有り、「脳の自体(構造)が、どのように構成されているのか」を、理解する必要が、有る。
近年の科学で解っている事
 実は、単純な構造で、「(あめ)(むち)」の基礎的な構造が、有る。また、苦痛であっても、それを受け入れる必要が有る場合、それを緩和する作用が生じる苦痛であっても、それを受け入れる必要が有る場合、それを緩和する作用が生じる。
飴と鞭
 気分は、『脳による判断』で、決まる。
苦痛であっても、それを受け入れる必要が有る場合、それを緩和する作用が生じる。
 主に、『(あ)性交、(い)女性の出産』等から、解る通り。
  • 感情と、行動
    • 外的な刺激
      • 主に、人の五感による情報で、感情を抱き、行動する。
    • 内的な感情の操作
      • 主に、本能と、後の学習による影響の二種に分けられる。
      • [本能] - 産まれた後、学習が無くても、反射的な感情や、行動をする。
      • [学習] - 本能に、修正や新たな情報を加えて、行動の制御を行う。
  • 『怒り』に基づく、犯罪
    • 衝動的な行動
    • 計画的な行動
  • 『復讐』に基づく、犯罪
    • 衝動的な行動
    • 計画的な行動
  • 生理的な欲求を満たす犯罪
    • 『餓え』(食欲)に基づく、犯罪
      • 食べ物の窃盗、強奪
    • 『性欲』に基づく、犯罪
      • 強制性交等、準強制性交等
  • 欲求、願望を満たす犯罪
    • 狂気(犯罪を好み、それへの快感を追求する)的な犯罪 - 精神病質者に該当 - 犯罪の組織における首謀者、Terrorist(テロリスト)*2
      • 犯罪の行為に、罪悪感が無く、犯罪の実行に、快感を感じる等
      • 単身、及び少数で犯行に及ぶ事も、有る。 - 無能な部下を、使わない(捨て駒を、除く)。
      • 集団を形成、支配者を欲する人格も、有る。 - 宗教を、隠れ蓑に使う方法も、用いられている。
      • 犯行には、隷従者を使う事も、有る。
    • 狂気者に憧れたり、服従する者 - 精神病質に該当 - 犯罪の組織における首謀者や、Terrorism(テロリズム) に従事する事を、欲する。
      • 悪人に、憧れを抱く等
      • 有名な犯罪者を、崇拝する等
      • 若年層や、低能力者に多く、主に隷従の関係を形成する。

傾向の観察

報道

令和元(皇紀 2679;2019)年06月14日 現在


*1 「世間的な環境では、居場所を得られない」と思い込み、『(A)故意、(B)収監される覚悟(それを望む覚悟)』が前提で、犯罪に着手する事を、回避。
*2 Terrorist の犯行は、 Terrorism に基づく。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-14 (金) 17:04:45 (421d)