国際 不経済な地域への支援

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-07-30 (月) 17:50:40
  • 段階、参照:

趣旨

 『(A)内戦などによる無政府な状態、(B)僻地(へきち)、(C)難民の一時的な居住区』など、経済性が無い地域での生活を行っている人々へと、支援を行う時には、『将来的に、自治的な経世済民性(経 済 性)が、生じる可能性が有る事』を、前提とする必要が有る。

 また、「消費(消耗)的な支援には、経済性が無い」とも判断でき、無駄な支援を止める事も重要

 更に、『(D)難民の受入、(E)研修的な労働者の受入』に付いても、適切に管理される必要性が有り、現状の本邦では、本節における倫理性を維持する事が行えておらず、悪化する一方と成っている。

 よって、色々な事情や条件を前提に、適切な『(甲)支援、(乙)援助、(丙)介助』が求められる。

簡易的な調査

不経済な状態を、擬似的に体験

生活の状況

軍事的紛争が生じている地域での生活を、疑似的体験、情報の収集など

  • 第一期 一般的な成人の行動的心理(精神病質性の有無を含む)
    • 開始
      • 平成30(皇紀 2678;2018)年07月05日
    • 終了
      • 平成30(皇紀 2678;2018)年07月31日
  • 第二期 一般的な子供の行動的心理(精神病質性*1の有無を含む)
    • 開始
      • 平成30(皇紀 2678;2018)年11月28日

*1 僕の判断だと、「大人(精神病質者を除く)と子供では、『比較的に子供の方が、窃盗、強盗への行動的心理を抱く意識が、強い」(つまり、精神病質性は、子供の方が、高く成る)と、想っている。その理由では、「人と動物の比較でも類似するが、『自らで生産が行えない物を、どのように入手するのか』が問われ。つまり、『(A)空腹など生理的な心理的状態と、(B)それを満たそうとする心理(欲望)』から、行動の選択肢に『窃盗、強盗』が結び付く」と判断、その状態は、「他の動物でも、同じ行動的心理を抱く」と、経世済民的な観点から、判断するに至っている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:51:54 (343d)