国 朝鮮人(他の外国人)学校への補助金に付いて そのニ

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-08-15 (水) 22:28:47
  • 段階、参照: 再確認

趣旨

 自由な研究/鑑査/立川/h30 立広聴・第225号で、「立川 市役所の単独的な意見に、感じる」が、『市議会での議決による、意向』とも、想える。

 つまり、『公務側(市役所:行政の機関)だけで、負う、責任』とは、想えない。

解説
 『市議会の議決による、意向』ならば、「平等に、全ての市民も、責任を、負って、いる」のだから、公務員(市長、等)だけが、責任を、負う、理由が、無い。

 よって、再確認を、行う。

 なお、『公務側で、過剰に、負って、いる、責任の回避』を、兼ねる。

関する、課題

調査(確認)

文面の作成

補足 - 平成30(皇紀 2678;2018)年08月19日 現在
 「戦争犠牲者の御霊(みたま)と、供に、未来の『構築(養う)を、行う、事』を、経世済民性(経済性)の観点で、追求を、試みた、結果」の文面と、成って、いる。
解説
 それに、至る、迄には、「僕と、各種公務員の間で、多々に、紛争が、生じて、いた』のも、事実。
僕の(日本国の民、その一人と、言う、立場での)願い
 各省の『省く(はぶ・く)』に、習い、「公務員(国家公務員法地方公務員法)と、一般人の間で、二度と、争いが、生じ、無いように、努め、られたい」との願いを、込めて、作成。

送付先

    • 内閣府
      • 内閣官房
      • 国家公安委員会(警察庁) - 過剰に、外国人への嫌気を抱かせる活動の件
      • 内閣情報調査室
    • 宮内庁
      • 天皇陛下への報告書
    • 文部科学省
    • 外務省
    • 法務省
  • 市町村自治
    • 立川市役所

立川市役所からの返答

結果

平成30(皇紀 2678;2018)年09月25日 現在

 「市役所の単独的な意見」との事。

 「っあ、そう。」っと、言う感じ。

Mr.あっそう。
 「歴代の天皇に、そう呼ばれていた人が居る」との事。
補足
 歴代総理大臣の内で、「その者を、英語で紹介する時は、(うじ)名字(みょうじ)苗字(みょうじ)Wikipedia)で呼ばず、名で呼ぶように」と、求めた事も、有る。
留意
 Asshole.

動向(経過)の観察

報道

平成30(皇紀 2678;2018)年09月28日 現在

留意
 本邦における裁判所の制度だと、平成30(皇紀 2678;2018)年09月27日の時点では、「(A)未だ上告(民事訴訟法 第二百八十五条Wikipedia)が、可能で、(B)その権利が生じている限り、(C)本件の判決は、確定と成らない」。また、『(D)再審(第三百四十二条Wikipedia)の請求権』も、有る。

関する、法規

民事訴訟法(電子的政府

公布
 平成二十九年六月二日
改正
 平成二十九年 法律 第四十五号

第二百八十四条(控訴権の放棄)

 控訴をする権利は、放棄することができる。

第二百八十五条(控訴期間)

 控訴は、判決書又は第二百五十四条第二項の調書の送達を受けた日から二週間の不変期間内に提起しなければならない。ただし、その期間前に提起した控訴の効力を妨げない。

第三百十三条(控訴の規定の準用)

 前章の規定は、特別の定めがある場合を除き、上告及び上告審の訴訟手続について準用する。

第三百四十二条(再審期間)

 再審の訴えは、当事者が判決の確定した後再審の事由を知った日から三十日の不変期間内に提起しなければならない。

二項
 判決が確定した日(再審の事由が判決の確定した後に生じた場合にあっては、その事由が発生した日)から五年を経過したときは、再審の訴えを提起することができない。
三項
 前二項の規定は、第三百三十八条第一項第三号に掲げる事由のうち代理権を欠いたこと及び同項第十号に掲げる事由を理由とする再審の訴えには、適用しない。

国家公務員法(電子的政府

公布
 令和元年六月十四日
改正
 令和元年 法律 第三十七号

第一条(この法律の目的及び効力)

 この法律は、国家公務員たる職員について適用すべき各般の根本基準(職員の福祉及び利益を保護するための適切な措置を含む。)を確立し、職員がその職務の遂行に当り、最大の能率を発揮し得るように、民主的な方法で、選択され、且つ、指導さるべきことを定め、以て国民に対し、公務の民主的且つ能率的な運営を保障することを目的とする

二項
 この法律は、もつぱら日本国憲法第七十三条にいう官吏に関する事務を掌理する基準を定めるものである。
三項
 何人も、故意に、この法律又はこの法律に基づく命令に違反し、又は違反を企て若しくは共謀してはならない。又、何人も、故意に、この法律又はこの法律に基づく命令の施行に関し、虚偽行為をなし、若しくはなそうと企て、又はその施行を妨げてはならない。
四項
 この法律のある規定が、効力を失い、又はその適用が無効とされても、この法律の他の規定又は他の関係における適用は、その影響を受けることがない。
五項
 この法律の規定が、従前の法律又はこれに基く法令と矛盾し又はて い 触する場合には、この法律の規定が、優先する。

地方公務員法(電子的政府

公布
 平成二十九年五月十七日
改正
 平成二十九年 法律 第二十九号

第一条(この法律の目的)

 この法律は、地方公共団体の人事機関並びに地方公務員の任用、人事評価、給与、勤務時間その他の勤務条件、休業、分限及び懲戒、服務、退職管理、研修、福祉及び利益の保護並びに団体等人事行政に関する根本基準を確立することにより、地方公共団体の行政の民主的かつ能率的な運営並びに特定地方独立行政法人の事務及び事業の確実な実施を保障し、もつて地方自治の本旨の実現に資することを目的とする。

第二条(この法律の効力)

 地方公務員(地方公共団体のすべての公務員をいう。)に関する従前の法令又は条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程の規定がこの法律の規定に抵触する場合には、この法律の規定が、優先する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-12 (土) 15:18:17 (44d)