立川市役所 『問合せ』の返答における形式

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-08-15 (水) 22:52:40
  • 段階、参照:

趣旨

 これ迄に、立川市役所による、返答の形式は、『(あ)市議会の決議による、意向』、『(い)公務側だけによる、独自の意向』とを、区別された、返答が、無い。

 つまり、前出の(あ)の場合、「公務側で、過剰に、責任を、負う、理由が、無く、『全ての市民が、平等に、責任を、負う』のだから、相応な返答の形式が、求められて、いる」が、それを、満たせて、ない。

(あ)決議による、判断
 「市議会で、決議された、意向は、全ての市民も、平等に、責任を、負って、いる」のだから、公務員(市長、等)だけに、責任を、負わす、理由が、無い。
立川市役所の場合
 「返答の表現が、悪い、為に、常に、公務員が、責められる、状態に、陥って、いる」と、想える。
防御
 公務側は、『(あ)、(い)』との区別を、行い、(あ)の場合は、『(ア)決議の日、(イ)第何期の議員達による、決議か』を、明確に、示す、事で、責任の回避を、行う、事が、可能と、想える。

 よって、「今回の返答が、『(あ)、(い)』の内、どちらに、該当するのか」の確認を、改めて、行うに、至る。

関する、課題

終了

理由 他の課題と、併合的な処理

平成30(皇紀 2678;2018)年08月19日 現在

 当初に、『課題を、分割する、事で、詳細性を、高める、事を、想って、いた』が、「別課題での文面において、その説明における、過程から、『必然的に、併合的な解説で、展開された』ので、改めて、課題を、分割せず、併合的に処理(省く)を、行う、事を、決定」するに、至った。

  • 参照
    • 国 朝鮮人(他の外国人)学校への補助金に付いて そのニ - 日誌/進捗/平成30年度/156
      • 「(A)行政的な観点か、(B)市議会での意向か」を、明確にせず、返答された、件
    • 立川市役所 「『氏』の使い方が、間違っている」と、想われる件 そのニ - 日誌/進捗/平成30年度/166
      • 改まる、観点の有無を、明確に、行わない、件

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-12 (土) 14:58:46 (48d)