立川市役所 在日外国人への減災(防災)、防犯に関する教育(言語の問題)

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-08-25 (土) 18:10:29
  • 段階、参照:

趣旨

 在日外国人への減災(防災)における教育に付いて、広報紙によれば、現状で確認を行える言語は、『(A)中華人民共和国、(B)英語』の程度で、他の言語に付いては、確認を行えてない。

 また、他の調査によって判っている、管内における在日外国人の『(A)人数、(B)国籍(の数)』から想っても、不十分と判断できる。

 よって、今後の展開に付いて等を、確認する。

 なお、序でに資料の入手も、求める。

関する、課題

調査(再確認)

文面の作成

立川市役所からの返答

+  立川市役所 人事機構図の更新を、待つ理由

結果

平成30(皇紀 2678;2018)年10月13日 現在

 実は、『予めに、(僕的な)理想の返答が、設置されている事案』と、成っていた。

+  (僕的な)理想の返答とは、

 よって、僕の理想からは、かけ離れている事を、意味する。

 なお、僕の理想における内容は、『万能な公式』で形成されており、語句を入れ替えれば、何にでも、代用が可能(つまり、極一般でも用いられている、『接客の公式』である)。

  • 補足
    • 『資料の請求を、行う予定も有った』が、それを文面に示す余裕が、無かった。

平成30(皇紀 2678;2018)年10月14日 現在

 『資料の請求を、改めて行うか』の検討を、想っていたが、「形式的な程度でも、必要」と、判断。

 資料の請求を、行う事を、決定。


*1 この件では、「女性警察官達と、僕による大いなる対決」も、生じていた課題と、成っていた。:同等に、『裁判所も、攻めた』(例えば、受付に、PC の画面を設置、それを基に、「手続き流れや、法律の説明を行う事」を、求めていた課題も、過去に有った)が、未だに、叶って無い。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-11 (火) 09:08:48 (44d)