立川市役所 「『氏』の使い方が、間違っている」と、想われる件 そのニ

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-08-26 (日) 21:59:33
  • 段階、参照:

趣旨

 『立川市役所 『氏』の使い方が、間違っていると想われる件 - 日誌/進捗/平成30年度/155』の問い合わせ(確認)において、立川市役所からの返答では、今後も『(あ)現状を維持、(い)改める』のか、明確な返答が、無い。

 よって、再確認を、行う。

関する、課題

参考の課題

調査(再確認)

文面の作成

立川市役所からの返答

結果

 立川市役所からの返答だと、改める観点は、無い。

今後の検討

 「機会が、有れば、改めて、指摘する事を、検討する」が、本件(現状)では、「日本国の民、その一人」と言う立場で(行える限りの)、責任を、果す程度に、留める。

解説
 つまり、過剰にと、追及を、行わない。
追記
 もともと、東京都の多摩地域では、膨大な数の在日外国人を、育てつつ、自然的に、(違憲に、該当する:憲法の前文、第二段落目に、反する)工作員と、同等の人格を、育ている『宗教、思想』の団体が、異常に多い地域で、その背景に、Freemasonry(共和的主義を、含む)や、共産的主義の思想を、確認するにも、至っている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-04 (金) 13:51:06 (52d)