国 少子、高齢化に伴う、公共的施設の管理

  • 頁名: 日誌/進捗/平成30年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 棄却、却下
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2018-08-29 (水) 11:00:14
  • 段階、参照:

趣旨

 既に、各地方(及び、市町村)の自治体では、『(あ)学校の統廃合が行われており、廃校と成った校舎の再利用も、行われている』。

 他にも、『(い)高齢化に伴う施設が、過剰にと設置されれば、「将来に、公費の負担」と成る事も予測が行える』。

 よって、『(ア)それらの調整を行う必要が有り、(イ)近隣の自治体と、協調を行う事で、過剰な負担や、効率化を図れる可能性も可能と成るのだから、(ウ)相応の組織的構造が求められる』。

補足 平成30(皇紀 2678;2018)年09月05日
 『少子、高齢化に伴う、公共的施設の管理』に付いては、「八王子市役所の在住中(数年前から)、『学校の統廃合に関する件』で把握を行っており、既(当時)に『学校の再利用』を国側へと、提案するに至っている。

関する、課題

簡易的な調査

立川市役所

平成30(皇紀 2678;2018)年09月05日 現在

 所属する自治体での取り組みを確認。

 広報紙にて、取り組みの概要が記されている。

世情の観察

YouTube

令和02(皇紀 2680;2020)年10月16日 現在

 福岡県 福岡 市役所 管内で、廃校の再利用を、積極的に、行って、いる、事例。

+  YouTube

平成30(皇紀 2678;2018)年10月04日 現在

 北海道で、『高齢化が、進む、現状』と、その中和策が、展開されて、いる、事例。

+  YouTube

棄却

理由

令和03(皇紀 2681;2021)年03月31日 現在

 「専制的な効果で、民の心理を、過剰に、誘導を、行う、事」(例えば、法で、民を、規制、等)は、「非民主的だ」と、判断。

 また、非常時には、『正当な防衛』の観点から、「専制的な効果で、民の心理を、過剰に、誘導を、行う、事」も、必要な時が、有る。

 本件は、「長期の観察と、成った」が、『一般人に、広く、周知された、事態』と、成って、おり、「国民の個々が、責任を、負う、課題に、成って、いる」(との自覚が、民に、広まって、いる)のだから、「過剰に、関与を、行う、必要性は、無い」と、判断するが、故に、棄却(Wikipedia)。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-03-31 (水) 22:14:49 (16d)